最近、多すぎでは・・・

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

まもなく大型の台風が上陸するとのことで、日本中が大騒ぎになっています。最大級の台風だとのことで、各地で警戒態勢がひかれていますね。

なんだか、最近は『何十年に一度の災害』『最大級の災害』なんて言葉が毎年のように飛び交っています。むしろ、年に数回かもしれません・・・。

 

今年も九州や千葉などで大きな被害がありましたが、また10月にも最大級の台風の発生・・・。

温暖化の影響による海水温の上昇も要因としてあげられていますが、今後は増々の温暖化が予測されていますから、、、不安しかありません。

 

不動産投資をしている以上、どうしても災害とは上手に付き合っていく必要があります。

 

事前準備。

そのためにも必要となるのは保険ですね。

私も不動産投資を始めた当初は保険に対して無知でした。保険なんて、基本的に保険屋さんが儲かるわけだから、、、かけたら損するものなんだと思っていました。でも、火災などの大きな被害は怖いから万が一のためにかけておくものだと理解していました。

 

それで、選んだ保険は掛け金の安いものです。火災のときにはバッチリ補償してくれますが、それ以外については気持ち程度しか出ません。。。

それでも、投資初期は築浅だったので建物もピンピンしていましたから何の問題もなくきました。
(今になって思えば結果オーライですw)

 

ただ、築古になってくるにつれて、、、いろいろな部分にも補償がおりる充実した火災保険のメリットに気がつきました。実は、火災保険は知っている人が得する仕組みになっていることに気付いたのです。

わざと面倒な仕組みにして、あまり申請が来ないようにしてあるんですね。だから、知っている人だけが得をするのです。もし、みんなが申請するようだと、、、もっと保険料が高くなっちゃうのですが、この仕組みだからこその金額だということです。

 

ということで、築古になって問題が多発するようになった今では火災保険を大手損保に切り替えました。

 

 

そして、つい先日のことですが、更に充実した保険へ切り替えることにしました。というのも、これからどんどん保険料が高くなる予定だと損保の方に聞いたからです。

その前に契約を済ますことにしました。自宅を含めた全物件について、補償内容のグレードを上げて10年間の契約でまき直しを行いました。これで、ひとまずは安心です。

 

この前の千葉の災害でも保険申請が相次いでいます。この影響が反映されれば、更に保険料が上がる予定のようです。それに加えて、今回の台風でも大きな被害が出るとしたら、、、保険料の上昇がどのくらいになるのかは読めません。最近では火災保険を使ったリフォーム屋さんがグレーな感じで暗躍しているのも要因の一つのようですね・・・。

 

 

そういう意味でも、保険を見直すなら早い方が良いと思います!

まだ見直していないなら、この機会に是非w

 

 

こんなコラムを書いていますが、今度の台風に不安でいます。どのくらいの被害が出るのか分かりませんが、少ないことを願っています。ただ、しっかりと保険の準備をやった分だけ安心している部分もあります。それだけでも、やった甲斐がありましたね。

 

以上、火災保険の話でした。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。