「松山」駅にて

注)愛媛県の「松山」駅ではありません。

・・・

ということで

お別れ行脚?

今月の26日に運行終了となった「バニラエア」

先日、最後に残った台湾路線に乗ってきました。

当初はもちろん観光だけが目的ではあったのですが。

 

問題を起こす海外所有者と不動産屋を…

役員をやっているマンションのうち1件。この国の所有者が登記されている部屋で問題が起きています。

・管理費&修繕積立費の滞納

・住居専用(規約にも記載あり)にも関わらず複数の法人を登記

・民泊はしていないようですが、深夜に外国人多数の出入りやなど

・所有者とは全く連絡取れず…郵送も全て無視。

…こんな状況なので法的手段も考慮に入れて調査を始めると

・突然海外住所への登記変更が発覚(管理会社に重要事項説明の資料送付依頼や問い合わせ等も無いので日本での売買が原因ではないはず)

・・・

法的手段を取るにもあくまでも

”所有者に対して”

ということになるので、登記されている海外住所に請求を送るなどして回収をする努力をします。

ただ…日本では「住民票」が必要なのですが、国によっては「住民票」が無く(台湾は無いので戸籍謄本を使用)で登記されます。

まあ、その戸籍謄本の所に本人が住んでないだろうな…と予測はされましたが、そもそも登記された人物、住所が存在するのだろうか?

近隣にはタワーマンションが立ち並ぶ中でスラム街のような場所の該当地へ

もちろん登記簿に記載されている人物の表札はありませんでしたし、そもそもその住所に記載されている部屋番号の場所がありませんでした。。。

やっぱりね。

架空の人物と適当な住所(ごまかし用で使ってる存在しない住所?)でしょうね。

まあ、予想どおりではありましたが弁護士の先生に報告しつつ、滞納の実績が増えるのを待つことにしました。そこまでいけば公示送達で強制執行…

と考えてたら

帰国数日後に全額入金。。。滞納はなくなりました。。。

何がどうなっているのか分からずめっちゃ気持ち悪いですが…とりあえず解決です。。。(次滞納が溜まったらさっさと法的手段に出るぞ!と。)

・・・

あとはこの近辺にあった不動産屋のサイトを確認すると、日本のマンション(主にワンルーム物件と新築)を普通に販売中。。。

ちょっと気になる物件(所有しているマンション)の情報も載っていたので、チェックをして現地でもさりげなく購入について聞いてみました。

日本の物件については説明できず。。。おそらく重要事項説明もまともにされてないでしょう。

それで存在もしない(かもしれない)人物、住所で登記ができてしまう。

甘すぎる日本の体制にイラっとくるとともに、滞納やなどの問題は放置せずに早期に対応する(状況確認して対応を考える)ことが必要だなと。

・・・

おまけ

その①

最初の写真の松山駅の近くに有名な夜市(饒河街夜市)があります。台湾(台北)に行くことがあればぜひ寄ってみてください。胡椒餅がお気に入りで毎回買ってます♪

その②

観光地もいいのですが、街歩き&古い建物大好き人間にとっては…

こういう所が大好きです。擁壁なんてク○食らえレベルで普通に家がありますw

・・・

このLCCには何度もお世話になりました。戦略的統合らしいのでやもえませんが寂しいもんです。

さて、来月は…国内でまだ行ったことのない県のうち一つに銀色のLCCで飛びます。

見に行く安い区分物件の情報探さなきゃ…(何やってんだか少し自分でもわからなくなってきてたりして…)