こんばんは。北海道の築古大家です。

コラムをご閲覧いただきまして、ありがとうございます。

札幌はすっかり紅葉が見ごろになり、そろそろ紅葉も終わりを迎えます。

晩秋を迎え、そろそろ冬の便りが届くころです。

前回、冬の北海道の物件の維持管理などについて書かせていただきました。
今回も同じテーマで書かせていただきます。

これから、迫り来る冬⛄️
冬の北国の物件の維持管理について書かせていただきます。

前回、北国の冬は戸建、アパートを維持していく上で除雪はかかせないと書かせていただきました。
「北国はアパートを維持管理する上で、年間トータルで2~3%くらい利回りが下落することを考慮」しなければなりません。

物件が空室の場合。

こまめに除雪が必要になります。
特に空室の場合は、住人が雪かきをしないので、物件を気にかけることが大切になります。
物件の雪が溜まる前に除雪が必須です。ときどき、空室の戸建てで雪だらけで足も踏み入れられない状況になっている物件もあります。

また、繰り返しになりますが部屋の水抜きを行っておくことです。
空室の部屋は、外の気温とほとんど変わらないので、注意が必要です。

物件が入居ありの場合。

家の前や玄関の前などは入居者がする除雪することが多いですが、駐車場や建物の横の共用部分などは、大家が管理維持していかなければいけません。

私の一棟アパート(4部屋、1階車庫と1部屋あり)の除雪を業者に依頼してみました。※全オーナーと同業者。

・屋根の雪庇を落とすのが年に数回。
・マンションの車庫の前や共用部に溜まった雪を他の場所に排雪する。
・屋根の雪下ろし(たくさん積もったら)

以上3つがセットになって、年間トータル13万ということでした。
管理会社によれば、この内容でこの価格は安いようです!
年間利回りは、約1.5%下落です。

また屋根の雪かきは、自分で行うと危険なので業者にやってもらうのが賢明かと思います。
もし、屋根の雪下ろしをやるとしても、命綱をして、複数名で除雪しなければいけません。ニュースにも時々取り上げられていますが、最悪の場合足を滑らしたり、踏み外したりして死に至ります。冬になるといろいろとハプニングが起こることもありますので、注意していきたいものですね。

ここまで閲覧いただきまして、ありがとうございます。

遊戯三昧さんからのご要望をいただきました。

ここで少し番外編→北海道の冬の味覚といえば

①身の引き締まった毛ガニ

②ぷりっぷりの大ぶりのカキ

③味噌ラーメン

④ジンギスカン

⑤スープカレー

⑥その他(具体的に)

皆さんは、何番を思い浮かべたでしょうか。

よければお気軽にご回答ください(^^♪