それは一通のメールから始まった

 

「はじめまして電工大家と申します。

いつもコラム楽しく拝読させて頂いています。

昨日のコラムで配管工事が進まなくなりお困りのようでメールさせて頂きました…」

 

 

当初

トイレや洗面所といった

水回りのリフォームは

素人の私だけでは難しいと判断

 

給湯器を設置してくれたプロパンガス屋さんに依頼するも

突発的なトラブルが発生し

計画は白紙に

 

年内には目処をつけようと

意気込んでいるところに

また0からの再スタート

 

「白井市」「水回り」「リフォーム」「激安」

 

昼休みや通勤時間を利用して

スマホ片手にネットをうろうろ

病気を患い休職中の

多能工の友人にも

電話、LINEで情報収集

 

帰り道

府中本町行きの京葉線の中で

車窓越しに見える

潮見駅前にある建設中のホテルを眺めながら

今は少し遠くに感じる白井市の物件を想う

あの子(戸建て)は

俺が手を差し伸べてあげないと

誰も助けてくれない

 

他の誰でもない

 

俺がやらないと

 

 

風呂に入って

リビングのソファに体を預ける

充電中のスマホを手にとる

 

すると

 

見知らぬアドレスから

一通のメールが届いていた

 

マ、マジスカΣ(・□・;)

胸が高鳴る

その内容を二度、三度と読み返して

スマホをぎゅっと握りしめ

おぉ…っと声にならない声をあげる

 

一瞬

ほんの一瞬だけ

イタズラかも…と思ったりしたが

 

このタイミングで

転機が訪れたのは

偶然ではなく

必然だと信じたいと

少しの間の後”返信”をタップする

 

 

「電工大家様

ご連絡頂きありがとうございます!
現状まだ業者さんは見つかっておらず
困っておりました(;´д`)…」

 

 

届いたメールによると

 

関東近郊で電気工事店を営んでおり

実家が設備工事店なので

多少の配管工事の知識があり

道具なども用意が出来る…

 

 

つづく