こんばんわ、サラリーマン大家のTAKAです。

本日は、先日、久しぶりにサラリーマンの資産形成セミナーに参加してみたのでその感想を書いていきたいと思います。

おそらく楽待コラムを読んでいる方には未知の世界かと思うので軽い息抜きコラムと思って読んでみてください。

1.タケノコにょっき

いわゆる金融庁が出そうとした老後2000万円報告書を契機に特に20代~40代くらいの資産形成熱が高まっており、さまざまな投資を始める方が増えているような報道を目にしますが、実感としてもやはり興味を持つ方が増えているように感じます。

そして、資産形成セミナーをうたい文句に行われている不動産投資セミナーも再び増え始めているように感じます。

(広告を見る回数があからさまに増えました)

2.ちょっとだけ入って

たまたま勤務するオフィスの近くで資産形成セミナーなるものが開催されており、ちょうど仕事がひと段落していたので、久しぶりにこの手のセミナーに参加してみました。

恐る恐る(というわけでもないですが)がセミナー会場に入ってみると、30代から50代くらいのサラリーマン風、OL風の方が会場ぎっしり(30名くらいはいたでしょうか)超満員の盛況ぶりでした。

そしてセミナー開始。

どんなおすすめ物件を紹介されるのかと思いきや、基本的な投資方法や考え方の紹介(ドルコスト平均法による株(インデックス投資)だとか、複利の効果だとか)を中心とした内容で拍子抜けしました。

最後の方で、ちょこっとだけ不動産投資の話がでてきましたが、メインは投資全般のお話でまぁまぁお勉強になる話でした。

3.おわったあとに

スレンダーでかわいい女性のセミナー運営会社の社員の方が、「今日はどうでしたか?」という感じで、アンケートの記入を進めてきたのち、最終的に「不動産投資に興味がありませんか?」「今度お話だけでも聞いてください!」という感じで勧誘をしてきたので、やはり不動産投資の勧誘が目的のセミナーなのだということを感じました。

そして、女の子がやたらとかわいかったので、実際にどのような不動産をススメられるのか興味をもったので、後日の個別面談の約束をしてその日は帰宅しました。

4.おわりに

セミナーの内容自体には、あまり不動産投資のにおいはしないものの、最終的な目的は不動産販売というセミナーが最近を多いようです。

(セミナー参加前に運営会社を調べていくと容易にわかるのですが)

2000万円報告書で煽られた不安により、長期的継続した投資の必要性が意識されるなかで、不動産投資も一つの答えではあるものの、運営会社が何を意図して資産形成セミナーの顔をした不動産投資勧誘セミナーを行っているかを特に初心者の方は意識する必要があるんじゃないかなと感じました。

かわいい女の子との個別面談はまた今度のコラムで。

本日も最後まで、お読みいだたきありがとうございました。

(今回のコラムはご質問等はないと思いますが、お気軽にコメントください。)