おはようございます、サラリーマン大家のTAKAです。

前回は、サラリーマンの資産形成セミナーに参加してみた感想を書きましたが、今回はその後、後日行われた業者との個別面談の模様をコラムにしていきたいと思います。

今回も、軽い息抜きコラムと思って読んでみてください。

1.おさらい

サラリーマン向けの資産形成セミナーをうたい文句に行われている不動産投資セミナーに参加したところ、スレンダーでかわいい女性のセミナー運営会社の社員に個別面談に誘われ、、女の子がやたらとかわいかったので、あくまでどのような不動産をススメられるのか興味をもったので、個別面談を受けることにしました。

2.平日の仕事帰り

セミナー参加後に個別面談を受けることを約束していたので、メールで面談日の日程調整。はじめは休日の昼下がりを指定されましたが、日程があわず、平日の仕事帰りの19時ころから都内のカフェで面談することになりました。

新しい不動産営業の方と面談することが久しぶり、かつかわいい女性の営業というのは初だったので、なぜかちょっと緊張。

期待や不安などさまざまなものがもっこりと膨らみ、失礼のないようにフリスクをほおばり、待ち合わせ場所に5分前に到着。

するとかわいい女性の営業の方から電話があり、

女性「駅で迷ってしまい少しだけ遅れそうなんです。すいません。」

T「問題ないです。」

女性「ありがとうございます!TAKAさんに久しぶりにお会いできてうれしいです!!」

T「恐縮です。」

女性「もしかしたら、お伝えするのを忘れていたかもしれないんですけれども、本日は、良いご提案をするために、ベテランの上司(おっさん)も同席いたしますのでよろしくお願いします!

誰しもうっかり伝えわすれることはあるので仕方がないことだと思い、待っている間にもっこりと膨らんだ期待や不安もおさまり、冷静な気もちで面談に臨みました。

3.中身

かわいい女性とおっさんと3人でカフェで面談。

説明は9割方おっさん、かわいい女性は主におっさんに言われた資料を手渡しするという感じでした。

業者の業務内容や実績の説明のちに、この業者が主に取り扱う都内近郊の築浅のワンルームマンション投資のメリットについての説明がありました。

主なメリットは

・融資を受けることにより少ない初期投資額で物件が買える(最低10万円の頭金のみでオッケー!)

・その業者が管理を請け負い、修繕費用も管理費込々で請け負うので手間がかからない(管理費は家賃の10%ぽっきり)

・空室発生時も管理費を引いた家賃を支払うので安心!

・最長期間で融資を組めば、月々▲3,000円ほどで運営していける(ただし、税金は考慮せず)

・都内近郊のワンルームマンションは値崩れしないのでキャピタルゲインも狙える(10年ほどで数百万円はざら)

・減価償却費や経費を計上できるので節税になる!(年間数万円ほど)

といった感じで、薦められた物件は

・令和元年築、都内のそこそこ大きい駅から徒歩10分以内

・価格:約2,800万円

・20㎡で家賃 約10万円

・マンション管理費 約1万円、修繕積立金約1,000円、管理委託費 約1万円

・施工会社 M〇I

話によると、このレベル感の物件がボコボコ売れているらしく、一人で3部屋4部屋買う方も珍しくないということでした。

結果的には、「大変勉強になりました!でも、個人的には、今回の物件では、長期に借金をしてまで買うメリットが見当たらないですね~もっとよさげなものがあればまた紹介してださいね」という感じでやんわり断り終了。

4.おわりに

面談した感じでは、それほど購入をごり押しされることはなく円満に面談が終わったので良かったと思います。

ごり押しされないということは、おそらく私に売らずとももっと売りやすい他のお客さんに売った方が良いやということなのかなと思うので、このくらいの規模観の物件・条件でワンルームマンションを買っているサラリーマン大家さんは多いのかなと感じました。

おそらくこの規模観の物件1部屋であれば、それなりに収入のあるサラリーマンであれば、破綻まではしないでしょう。

しかしながら、3部屋4部屋も買うのであれば、業者の破綻リスクを含め、冷静に立ち止まってリスクとリターンを考える必要があることはいうまでもなく、そのような方がもしいたとすれば、他のコラムニストのコラムを読んでしっかり勉強しましょうというアドバイスを送りたいと思います。

(かわいい女性は一体なんのためにいたのだろうか・・・)

本日も最後まで、お読みいだたきありがとうございました。

(今回のコラムは、ご質問等はないと思いますが、お気軽にコメントください。)