こんばんわ、サラリーマン大家のTAKEです。

前回、前々回はサラリーマンの資産形成セミナーに参加してみた感想を書きましたが、まさゆきさんの小説のような展開はなく平和な一年でしたが、他のコラムニストの方と同様に1年間を振り返っていきたいと思います。

1.新規物件購入はゼロ

今年は1件も物件を買っておりません。

戸建て投資をやるべく特に今年の前半は物件を探していましたが、「これは!」という物件はなく、そもそも戸建て投資は、ここ数年で人気がでてきたようで、物件の価格は上昇基調のようで環境があまりよろしからず

そしてサラリーマン生活も転職という転機もあり、どちらかというと買うモチベーションが下がったのが大きな要因という気がします。

2.物件の既存物件の運営状況

昨年11月に購入した4/6の物件が埋まり、他の物件の退去はほとんどなく(1件退去があるもすぐに決まった)、かなり平穏に運営できました。(小規模なサラリーマン大家ですが)。

区分を除けば各物件とも、それなりに地方かつ地域でもかなり低い価格帯の物件なので比較的長期の入居者が多いのかなと感じています。

逆に言えば、今後退去が発生した場合にどう対応していくかのノウハウがつめていないので、ゆくゆくの課題として認識しています。

楽待実践大家コラムがまさに課題解決の教科書かなと思っています。

3.成長

タカボンさんが大家デビューに向けて着実に歩んでいったり、婿さんが新らたなスキルを身に着けていくなど、レベルアップを図っているなと感心するなか、自分自身はサラリーマン大家として大きな成長はできなかった1年かと思います。

しかしながら、今年1年間平穏に過ごしたツケというわけではないですが、来年は、同じように平穏に過ごしてしまうと、そこそこ利益がでてしまうので、「何か」せねば大変です。

サラリーマン生活も少し落ち着くので、しっかりとコトを起こし、そしてそれをコラムにしていくというコラムニストの活動もしっかりやっていければと思います。

4.おわりに

今年もさまざまな出会いがあった一年だったかなと思います。

実践大家コラムの場も良いこと悪いことさまざまありますが、不動産という共通項を通じてあーだこーだいえる場は、普段、不動産投資のことをあけっぴろげに他言できないサラリーマン大家には特に貴重な場だと思います。

来年は、この場が、コメニストもコラムニストもROM専の誰しもが楽しくすごせる場になっていってほしいなと願う今日この頃です

本日も最後まで、お読みいだたきありがとうございました。

(今回のコラムについて、ご質問等があればお気軽にコメントください。)