あけましておめでとうございます!

 

サラリーマン大家の脇太です。

 

新築を安く買える可能があるということで早速、金融機関へ打診を2行しにいきました。

 

この2行は融資年数が30年と35年出してくれる地銀と信金になります。

 

30年融資とオーバーローン

信金の方は新築木造に対して30年の融資を出してくれる金融機関になります。

こちらの金融機関の特徴は何と言っても諸経費を含めて融資が可能なポイントです。この時期にオーバーローンが可能な金融機関は重宝しますね!

 

一方でデメリットもあります。

融資をする際に500万から1000万を定期預金で預けることが条件になります。

さらに借入金額が2億以内の人でないと融資が厳しいということです。

 

自己資金を預けることは僕の中で問題はなかったのですが、総借入が2億以内?

いやいや、もう何年も前に越えてしまってる。。。。

 

どうしても借入総額が2億を超えていると難しいのか?と融資担当者と会話を重ねて話してみたのですが、銀行の中の決まりもあり特Aランク顧客でも不動産の場合は総借入が2億以内で融資をしているので難しいとのことでした。

 

これは。。。僕が使える銀行ではないと思ったのですがせっかくいろんな条件を踏まえて物件獲得からやってきたのでダメ元で融資打診をしてもらうことにしました。

(この銀行に物凄い影響と取引をしている方からの紹介もあったので、希望にかけようと思ったからです。)

 

借入が2億以内の人にはおすすめ

サラリーマン大家としてはじめ自己資金が少ない中でCFを増やすのには融資年数の最長化ができるとCFは増やしやすいです。

 

今の名古屋は新築木造だと22年から25年の融資がスタンダードになっているので低金利×融資年数30年は新築で融資を引くときにアドバンテージは高くなります。

融資年数が35年引けるO銀行を使った後に、こちらの銀行を使うと拡大しやすいのは言うまでもありませんね。

 

こちらの場合は自己資金(預けるための)を用意する必要があるので、自己資金もためながらやっている方にはマッチングしやすいかと思います。

 

諸経費部分の借り入れもいくらがよいかも自分で決めれるので借入額をコントロールしやすいのもいいです。

 

使える人が羨ましい!と思いながらもう一つの銀行打診の準備もしていないと、僕の場合だとこの銀行融資条件との相性が悪いと感じたので希望は超薄くでもっておいて融資35年の銀行にすぐ行こうと思いました。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。