明けましておめでとうございます。にわか脱サラ大家です。本年もよろしくお願いいたします。

さて表題の件、商売繁盛(満室経営)を祈念して、初詣に行って参りましたので、その内容をご紹介します。(最近、訳アリ物件のお目汚しの写真が多かったので、お詫びの意味で、美しい(?)写真をお届けします。)

にわか的初詣

にわか出身の福岡県には「3社参り」といって、初詣は3つの寺社に行く風習があります。両親が健康だった時まで、毎年かかさず、福岡の「警固神社(天神のど真ん中)」「櫛田神社(山笠で有名)」「住吉神社(全国の住吉神社の始祖)」にお参りさせていただいていました。

両親が亡くなって、しばらく初詣に行っていませんでしたが(一人もんということもあり)、2017年に本格的に不動産投資を開始し、法人も設立したこともあり、2018の元旦から「商売繁盛(満室経営)」を祈念すべく、初詣を再開しました。

今年も「3社参り」にこだわって、3つの寺社に初詣に行きました。その3つの寺社をご紹介します。

①安房神社

知る人ぞ知る金運パワースポットです。主祭神はアメフトダマノミコトは日本における全ての産業の始祖として信仰を集めている神様です。位置的には、房総半島のほぼ突端で、日本地図を龍に見立てると、宝玉を持つ「龍の手の爪」に当たり、「大事なものを離さない、守る」というパワーがあるそうです。

また、安房神社の上方に、ちば眺望100景の「富士見展望台」があり、

このような、素晴しい風景が望めます。

向いてる方向は自分の所有物件の方向です。(フラッグ)安房神社のパワーをここから手を仰いで送ってます。w

但し、自宅の船橋から約100km、元旦だと2時間くらいかかるのが難点です。(神社近くになると、大渋滞です。)

②大福寺(崖観音)

安房神社の北15kmに位置します。ご覧のとおり、下から見上げると壮観なお寺です。このお寺のご本尊は十一面観世音菩薩で、10種類のご利益があるそうです。その中に「金銀財宝などに不自由しない」という、ご利益があるようです。

お堂から見る風景が絶品です。

③飯香岡八幡宮

市原市にある内房線「八幡宿駅」の由来になった神社です。平家に追われた源頼朝が、再興と立身出世を願ったという言い伝えがあり、「仕事運や金運向上」の御利益があると言われています。

ご利益はあったのか?

初詣を再開してから、買い増し(3棟・2戸建)できましたし、大儲けはしてないものの、無難に運営できて、その結果、脱サラすることができました。あくまでも、「気の持ちよう的」ではありますが、ご利益はあったと感じています。

ご利益もそうですが、新春早々、好きなドライブ(車の運転)ができて、「いい風景・空気が味わえるのが変え難い」と感じました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。