こんにちは。サラリーマン大家の脇太です。

前回コラムの続きのお話をします。

 

早速お宝物件に買い付けを入れるために不動産会社に連絡をとりました。

なんと買い付けは1番手

ラッキーなことにアップされて最速でアプローチできたのが僕でした。

このエリアで3年連続で買い負けをしていた経験があった分、1番手買い付けだということにちょっと興奮を抑えきれませんでした。

 

しかも、この不動産会社が専任でまずは仲介契約を取っている状態でしたので、今買い付けをいれるとうまくホールドできる可能性がありました。

 

これはとてもラッキーでした。

 

売主情報を確認したところ、この仲介不動産会社の社長さん(僕が偶然に社長さん対応になった為)の昔からの友達の実需販売の不動産会社の社長さんとのことでした。

 

売却背景を聞いてみると年に1棟をルーティンで買いながら保有している物件の中でたまたま、この物件を売ってみようとなったみたいです。

 

なので大きな指値は効かなさそうな感じでした。

 

不動産会社の社長さんだと交渉しずらさそうだなっと思い、気になる管理会社の情報も確認してみました。

 

前回のコラムで書いたように1部屋あたりの家賃が異様に安くなっていたので、どこの管理会社が管理しているんだろう?と不思議に思っていたからです。

 

地主向け土地活用の不動産会社が管理

もともとこの物件の持ち主は地主さんです。

 

建物を見てすぐ分かってはいたのですが、地主向けに相続対策や税金対策で建物にめちゃくちゃお金をかけて物件を建築する大手の1つの会社さんが作った物件になります。

 

なので築24年経ってますが建物のレベルはめちゃくちゃしかっりしてます。

その物件を数年前に実需用不動産会社の社長さんが買っていたようです。

 

なので管理会社は当時のままの立てた大手不動産会社の下請けの管理会が引き続きしていたのです。

 

実際の家賃設定よりもかなり安い状況のままずっと放置で客付けを続けている可能性がだいぶ高いと思い、これは予想が当たったかな?と思ってました。

なんせ通常家賃設定で引き直せな1部屋7000円UPは見込める状態が分かっていたのでw

 

不安に思っていた何か事故的なことがあって家賃が安くなっているのでは?ということは何もなかったので一安心でした。

 

もうこれは融資付けをして何としても手に入れたいと思い、早速ホールドをしてもらうことを約束して融資付けに走る形になりました。

 

この時の交渉条件

ちょっと売主が不動産会社の社長ということもあり指値は厳しいかな?と思い300万の指値希望(本当は指値なくても買う気でしたがホールドしてくれると言われたのチャレンジしてみた。)と融資特約付きでのお願いをしました。

 

この時の僕は、このままスムーズにいけばかなり美味しい物件を手に入れることができるかも?とワクワクしてしていました。。。

 

本日も最後までコラムを読んで頂きありがとうございます。