こんにちは!福島大家です!

実録アパート物語!!

第4話と長くなってきましたが、もうしばしお話しさせて頂きます(^^♪

築古全空の”通称フクシマ荘”と出会ってからは、アタマも身体もフル稼働で、仕事と家事と不動産活動に取り組みました。

過去の経験上、良い物件はあっという間に買い手が決まってしまいますが、今回はラッキーな事に、一般に情報が公開される前に物件情報をキャッチ出来ました!(^^)! 建物内部は3所帯しか内見できていませんが、大ベテランのおじ様の人脈をもってすれば、リフォームだって格安で出来るに違いない! 

・・ここは以前にも書きました、”ギャンブル”要素全開で、購入を決断しました!!

購入までのハードル

平泉のおじ様から物件を案内してもらったのが8月24日、その後、数回自分で現地に行き、主要道路までのアクセス、スーパーやコンビニ、ファミリータイプなので小中学校などの周辺環境を確認したり、仲介業者さんへのヒヤリングを行いました。

そしておじ様から、「買うなら連絡くださーい。」と言われたのが8月29日。

この段階で、残るハードルは、「妻の同意を得る事」、と「資金」になりました。妻に対しては、”本気のプレゼン”を行い、もちろん反対はされましたが、どうにかゴーサインをもらいました。資金は、自己資金で足りない分は、”親に頭を下げて”、加えて、”金融機関にお願いして”、何とかメドが立ちました(;´∀`)

物件も4つ目になると、今迄の取り組みと実績が評価されるので、周囲から協力してもらいやすくなる感じがします。)

購入させて頂きます!!

物件紹介から9日後の9月3日、おじ様に電話して「購入させて頂きます。」と伝えました。

大きい買い物ですから、一大決心の僕とは対照的に、おじ様からは慣れた調子で、

「わかりましたよー。それで、こんなこと言うのも何なんだけど、今度消費税が上がるから、9月のうちに登記まで済ませた方が良いでしょ!」

まだ部屋の中も5所帯分は見ていない状態でしたが、9月5日に契約、14日に決済との日程がトントン拍子に決まりました・・。

仕事と家の予定の合間での不動産活動ですから、時間を作れる日も限られており、僕としては相当なスピード感で事が運んで行きました(-_-;)

見ていない部屋はカーテンが閉まっており、外から中の様子は分かりません!!

(つづく)