こんばんは、aloeです。

 

前回は契約したもののまさかちゃぶ地銀さんにちゃぶ台返しされまっちょ信組さんから前向きなお返事をいただけたところまでコラムにしました。

ハラハラドキドキして今から考えれば面白いですが笑本当にブレークしかねない契約でしたし、リアルタイムコラムにするほどの心臓の強さはなく、遅れてのコラムとなってしまいました。。。

 

さて、このシリーズも長くなってきましたし、一気に書き上げてしまいましょう!

 

契約日翌日

12時頃からそわそわし、文字通り携帯を握り締めながら、まっちょさんからの連絡を待ちます。

 

プル

 

a「もしもしaloeです。」

 

待ってましたとばかり、ワンコールで電話を取ります笑

 

ま「もしもしまっちょです。お待たせしました。」

ま「支店長とaloeさんの物件全てみてきました。全く問題なしですね。」

ま「支店ベースで、融資OKです!

 

 

(*≧∀≦*)キタ〜

 

 

a「どうもありがとうございます!!!」

ま「条件ですが、融資期間15年、融資金額2300万円でいかがでしょう。」

a「十分です、どうもありがとうございます。」

ま「金利はなんとか1%台で頑張りますが、こればかりは本部の返答待ちになります。」

a「承知しました。今回は『期限までに決済できる』ことが最大の条件ですので、構いません。」

ま「わかりました。一点お願いがあるのですが、、、いけいけさん、断ってもらえるでしょうか。うちとしてはやるからには全力で取り組みたいです。

a「承知しました。そのかわり、私の運命をまっちょさんに託しますので、

なんとか

なんとか、

お願いします。

 

といった感じで、無事支店ベースで融資OKの返事をいただくことができました。

 

 

いけいけさんに電話で報告

無茶言ってアポとってもらった上に断りの電話を入れるのは大変気まずいですが、なるべく早く連絡した方が先方にとってはいいでしょうから、すぐに連絡を入れます。

 

い「そうですかー。。。うちでまっちょさんよりいい条件出す、って言ったらうちにしてくれますか?多分1ヶ月はぎりぎり間に合うと思います、間に合わせます。」

 

と言ってくれましたが、あまり駆け引きする(2行を比べる)のは私自身が好きでないこと、先にお返事をくれたこと、今回は「確実性」を重視したいこと(まっちょさんの方が早いだろうことは明らか)、等を理由にお断りしました。

 

何度も何度もお礼と謝罪をし、電話を切ります。

 

決済日までの道のり

その後、まっちょさんといくつかやりとりをし、本部稟議に入ります。

まっちょ信組さん(ほんわか信金さんもですが)のように時間の融通が効くことは、平日日中に動きがとりにくい私には大変ありがたいことで、今回も色々と助かりました。

 

まっちょさん最速で決済までもっていけるように本当に頑張ってくださって、稟議書くために一番遅い日は20時頃まで私と電話でやりしながら書類作成を進めてくれました。

どうもありがとうございます!!!

 

 

本部稟議でOKが出たのはそれから約2週間後。

本部OKの返事がもらえるまでは、緊張して眠りの浅い日々が続きました。

(不眠症になるかと思いましたw)

 

最終的には、

 

<融資条件>

融資金額:2300万円

融資期間:15年(法定残存年数は13年)

融資金利:変動1.875%

 

でした。

(変動金利と言っても信組・信金独自のシステムなようで、固定に近いです。今回は割愛します。)

 

金利1%台はまっちょ信組さん的にはかなり破格の条件のようで、

ま「最近だした1%台は、◯◯建設さん(地元では超有名な有力建設会社)ぐらいですよ笑」

と言われました。

確かに、R不動産さんも2%台半ば程度での融資だったようなので、ここは私の属性メリットが生きた形になります。

 

その他ヒアリングした内容としては、

 

事業性の融資以外の稼ぎ頭がほとんどないので、積極的に融資はしたい

・そのため、融資実行件数はそれなりにある

金利はうちはいただく方針です、とのこと(2〜3%台のことが多いようです)

・ただ新規のサラリーマン大家には最近はかなり厳しい

・法人、個人共に可だが、(私に関しては)個人の方が稟議は書きやすい

・保証協会つけての融資も可能

融資条件については、実態に即して柔軟に考える←ここ超重要!

(実際に私の物件も残存年数+αで融資していただきましたし、耐用年数超えのいわゆる「土地値アパート」と言われるような物件(サンプル出して聞いてみました)でも、「ここは立地が良くて更地で今◯◯◯◯万円ぐらいなので、10年ちょいぐらいなら・・・」のように、私の意図を割と汲んでくれた答えが返ってきました)

 

といった内容で、今後私にとって心強いパートナーとなってくれそうな金融機関でした。

結果オーライ!!!

(いつでも次の物件持ってきてください、とのこと)

 

契約日

紆余曲折ありましたが、ついにこの日を迎えることができました。

 

全員揃ってまずは挨拶。

司法書士さんも自宅の決済の際にお会いした司法書士さんで、

司「あぁどうもどうも、ご無沙汰しております。」

という感じで、終始和やかにすすみました。

 

R社長は本当に「建物」が好きなおじさま、といった印象で、アパートの設備や建物について生き生きと話をしてくれました。

また、

R「いやー、結構今厳しくてですね・・・

と当日もぶっちゃけていて苦笑、

R「そういえばaloeさん、A市の区分が売れなくて困っているんですけど、複数全部購入しませんか!?

と言われました。

(もちろん丁重にお断りしました。R社長自身も、「あの価格で購入しても修繕費とか管理費とか現状回復とか考えると、全然儲からないですよねー」と言っていましたw)

 

前回の教訓(#7「楽待アプリ」で物件購入しました!!!final をご参照ください)を生かして、着金確認もきちんとし、無事取引終了。

 

またいい物件があったら紹介してくださいね!

 

とお伝えし、解散となりました。

 

 

以上、3棟目アパート引き渡しまでの道のりでした。

ハラハラ、ドキドキをお楽しみいただけたでしょうか!?笑

 

次回、購入その後&総まとめ編になります!

 

aloe