こんばんわ、サラリーマン大家のTAKAです。

巷では、某朝ドラをきっかけに結婚し、おしどり夫婦とみられていた俳優と新進気鋭の若手女優の不倫問題で騒がれていますね。

本日はその不倫問題のニュースを見てふと感じたことをコラムに書いていきたいと思います。

1.投資メンタル

不動産の世界にあるかはよく知りませんが、例えば株式やFXの投資の世界では、投資する際のメンタルコントロール、メンタルトレーニングというタイトルで本がいくつもでているように、投資におけるメンタルの重要性が説かれています。

当初に想定したプランどおりに値幅を取って利益を確定できるのか、想定していたプランが崩れた場合に速やかに損切りができるかといったことは、まさにメンタルにかかわってくる事項です。

大きく値幅をとって利益を確定し、即座に損切りをするのはなかなかに難しく、人間は弱いので少しの値幅で利益確定し、なかなか損切りができずに損が大きくなるといったことはよく初心者が陥る失敗の一つです。

(つきつめていくと、やはり人間の判断を介さない自動売買などの方に寄っていく気がしますがとりあえず今回はそこを置いときます)

2.破滅願望

そして、なぜだかうまくいっているときほど、わけのわからない非合理的なリスクをとってしまい、今まで築き上げてきたものを失うといったことも良く聞くとことです。

今回の不倫問題でも、おしどり夫婦で好印象俳優というイメージの価値を考えれば、それを無にするような若手女優との不倫なんてリスクをとるのはバカげています。

このような行動は、うまくいっているときはリスクを過少評価しがちとも(ワキが甘くなる)いわれています。

しかし、個人的には、リスクを認識しつつも、内なる破滅願望が顔を出すのかなと考えています。

万事うまくいっているこの最高の状態をぶっ壊して、スリルに満ち溢れた冒険をしてみたい!そんな願望をおのおの内に秘めており、何かのきっかけでそういった良からぬ願望が表出するのかなと思っています。

3.不動産投資におけるメンタル

不動産投資におけるメンタルを、まだまだひよっこの私が語るのもおこがましいですが、不動産投資におけるメンタルとしてまず思いつくのが、「買いたい病」かなと。

冷静に長期的に安定した運営が固いと思える物件を買おうと考えていても、特に初心者は、なかなか買うことができないので、とにかく「買おう!」という気持ちになり、甘い基準で買ってしまう病気。

か〇ちゃのような物件を数億のローンを組んで買った方々は、破滅願望が表出してしまった例なのかなとも思います。

4.おわりに

投資メンタルを学んでいたとしても、合理的な行動がとれないことは多くあります。

なので、そもそも人間とは、そういう不完全なものなんだということを認識しておくことが大切かと。認識しておけば、破滅願望が顔を出したときに思いとどまれるケースがあるかもしれません。

(不倫ではなく、お金を出して楽しむお店に入り浸るくらいにしておけばよいものを・・・そういうもんでもないでしょうが)

何はともあれ、うまくいっているときほど、ご注意を。

それではみなさま、「ごちそうさん!

本日も最後まで、お読みいだたきありがとうございました。

(今回のコラムについて、ご質問等があればお気軽にコメントください。)