こんにちは!築古大家のコージーです。

 

コージーは 本当に、激しく忙しい、サラリーマンです。

休日もクタクタでした。

「生活費を心配しないで!会社を辞められるまで頑張るんだ!」

そんな思いでここまでやってきました。

 

そして現在、

合計70室 家賃収入年間3700万円(満室) 返済比率も42%と

強靭な体質で、いつでも会社を辞められるまでになりました。

 

コージーはとりあえず成功したと思っています。

(上には上がおりますが・・・(^-^; )

 

本当に、よく不動産投資をやる時間を作ってきたと思います。

しかも、面倒くさい築古不動産投資をです!!

 

今日は、サラリーマン不動産投資家に必須のスキル!

猛烈社員が会社に要求されている職務をかいくぐり

不動産投資の時間をどうやって作ったかを書きますね。

 

最初にやったのは、やらないことを決めた!

勤め人が不動産投資に成功するには、

いかに不動産投資に向き合える時間を作るかは最も重要です。

これまで通りの生活をして、

不動産投資をやろうというのはハッキリ甘い考えです!

まずは、時間確保に何がやめられるか? よく考えましょう。

私がやらないと決めたのは、

①特別な行事を除いては、会社関係の付き合いは絶つ

②勤め先の昇進試験をあきらめて職務関係の勉強やめる

③TVを見るのをやめる。

④土日・正月・ゴールデンウイーク・夏休みはすべて不動産投資に使う。

⑤趣味も不動産投資が成功するまで、しばらくは絶ちます。

 

結構、①②は思い切りました。

 

同僚や上司に誘われても、適当な理由で断ります。

嫁さんには悪いですが

恐妻家で有名になっておくといいでしょう。

角が立たない大変便利な言い訳です。

 

会社の昇進試験は諦めました。

いずれ会社辞めるのでどうでもいいです!!

不退転の決意でしたので敢えて実行しました。

中途半端なことをやっていたら、不動産投資の時間は作れなかったと思います。

 

③は当たり前として、

 

④ができるかです。

下手すると家族不和の元ですので、

家庭を眺めながら、手加減はしてください。

 

まとめ

サラリーマン投資家は、投資の時間をどうやって確保するかが勝負です。

会社の仕事だけで通常はクタクタなはず。

それくらい、追い詰められているので、会社を辞めないと!

と考えるわけですから、その思いをばねにして

不動産投資の時間を作りましょう。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。