先日無事決済が終わった購入物件(♯17)。大きめのお金が動く場合、何がしかちょっとしたトラブルが付きものですが、特に何事もなくスムーズに終わった取引きでした。このスムーズにできたには、いくつかの理由がありました。

 1、 いつもの取引き銀行
 2、 仲介会社の担当が以前取引きした事がある
 3、 本業と同等の時間を使える

 

ということで前回のコラムでご紹介しました(2、仲介会社の担当が以前取引したことがある)に続きまして今回は、3の本業と同等の時間が使えるについてご紹介します。

 

本業の掃除会社と不動産の相性はバッチリだったことで、相乗効果を出せる形を作ることができましたが、実際にはWワークみたいな状態でもあります。

 

本業で持っている資源を不動産に投入できるというメリットがあるものの、時間的なボリュームは2つの大きな事業を運営していく点で、とてもタイト。手間暇という部分ではかなり膨れ上がります。

 

ですので、本業と不動産の時間の割り振りは常に悩みどころであり、バランスが取れないことも多々あります。

 

そこをカーバーするための一つとして、前回コラムで紹介したような、ある程度の意思疎通ができる銀行や不動産会社などとの関係を構築していき、スムーズな取引ができることで、時間的にも精神的にも軽減できる状態を作れたことはよかった点です。(エリアを限定しての取引しているという前提がありますが)

 

加えて、不動産への時間を使うために本業の運営や仕事のやり方などの仕組化もやらざるを得ない状況が生まれ、結果的には、両方に良い影響を与える形となって、双方での時間の使える幅が広がっていきました

 

余談になりますが。。。普段の仕事の中でも、やろう!と思ってもなかなかできないのですが、やらざるを得ないというところから、そこを乗り越えられると、いい形が出来上がっていることはよくあります。プライベートでもそうなんですが。。。

 

そのようなことで、私の場合の本業と不動産のWワークで時間を生むには、結局時間を生むための仕組みを作るまでに月日と時間がかかるという結論に至りました。本業の業績を落とさないようにという、日々、大きなプレッシャーを受けながら。。。。

 

かつては、しょっちゅう嫁と喧嘩をしました。(完全にキレられましたよ)原因は私にあるのですが、本業のほうが忙しいからと理由をつけては、不動産の管理(清掃やDIYなど)を後回しにしていたからです。

 

我が家のような、夫婦で兼業で不動産をされている方にとっては、本業の稼ぎと不動産の稼ぎ、そして、本業の時間と不動産の時間、色々と大変なことが山盛りだと思います。

 

そう考えると各家庭の事情というところにも行き着くのかなあという気もしないではないです。そんな私は家事を数多く手伝うことからスタートしました。。。。そして今がある(笑)

 

 

最後までお読みいただき

いたします