こんにちは。サラリーマン大家の良波直哉です。
今回はついに達成した10日間の入居対応を振り返ってみたいと思います。

10日間を時系列で振り返る

7月20日(金)
・営業マンからの最初の電話に10日後の入居は無理と断る
・営業マンが部屋を見に行き、お客様と内見の約束を取り付ける

7月21日(土)
・営業マンがお客様と内見
・お客様が入居を申し込む
・お客様からの要望を伝えられる
 ①ダイニングキッチンの床材の貼り替え
 ②クローゼットの扉の撤去
 ③クローゼットにハンガーパイプを設置
・ハンガーパイプは営業マンが対応すると宣言
・リフォーム、クリーニング業者さんに作業を打診

7月22日(日)
・家賃保証の申請が承認される
・クリーニングを7/29に作業してもらえることに
・リフォームを7/28までに終わらせてもらえることに

7月23日(月)
・パイプセットが使えないことが判明
・パイプもリフォーム業者さんが対応してくれることに

7月25日(水)
・クリーニングの開始時間の連絡が入る
・害虫駆除と鍵交換が追加が発覚!
・クリーニングの17時終了を業者さんにお願い

7月26日(木)
・関係者全員に段取りの最終確認をメール

7月28日(土)
・リフォーム作業
・ハンガーパイプも設置

7月29日(日)
・クリーニング作業
・害虫駆除
・鍵交換

7月30日(月)
・無事に入居

こうして振り返ってみると、本当に怒涛の10日間だったと思いました。そしてこの短い期間で入居を達成できたのは、本当にミラクルだったと自分でも関心しました。

リフォームの見積書と請求書が届く

●7月31日(火)
リフォームの見積書と請求書がひとつの封筒でまとめて届きました。日程の調整に気を取られ、費用については最後まで話をしていなかったことに気がつきました。そして請求額を見て驚きました。

作業を最小限にしたため当初の見積りの3分の1ほどの価格でした。今回は無理なスケジュールで作業をお願いしたので、作業費を上乗せしてもらってもよかったのにと思いながらも、それをしなかった業者さんの心意気に胸を打たれました。

・当初のリフォーム費用の見積り

・今回のリフォーム費用の請求額

余談になりますが、この業者さんには後日、別件のリフォームで室内のすべてのクロスと床材の張り替えをお願いをしました。心ばかりですが私なりの恩返しのつもりでした。

今回の入居対応で得たもの

退去したままの部屋に10日後に入居していただくというミラクルな対応を達成できたことは、私にとって本当に素晴らしい経験となりました。また賃貸経営に対する大きな自信にもつながりました。そして何よりも営業マン・リフォーム業者さん・クリーニング業者さんの連携プレーで成し遂げられたことに心から感謝しました。この中の誰ひとり欠けても達成できなかったことではないかと思います。

このシリーズは今回が最終話となります。このコラムでまとめができたことは、私のとっても振り返りの良い機会になりました。お読みいただきありがとうございました。