こんばんは サーファー母さんです

緊急事態宣言の一部地域解除されましたね

まだ、私の住むエリアはまだですが

解除に向けてあとちょっと

気をつけて過ごしています

 

おかげで筋力が落ちました・・・ショック!

 

皆さんはどうですか?
運動、されてますか〜?

 

さて、うちは自然が残るエリアに
物件を持っているせいか、

昨年のムクドリ事件に引き続き

今年も
小動物に悩まされる時期がきました!笑

 

ちっとも嬉しくないことなんですけど
出ちゃったものは放って置くことはできません

 

出て行っていただかないと
衛生上いけません。

もし、小動物が出ちゃったら・・・
参考になればと思います。
私の備忘録です。

 

まず、いつからなのか、
どんな状態なのか、

早速入居者さんから
事情を伺います

 

これは早めに連絡を取りましょう。
入居者さんにしてみれば
これも緊急事態ですからね

「夜になると
 天井裏を歩く物音がする」

 

ということは・・・想定する動物は
ムササビ?

 

イタチ?

 

それとも ハクビシン?

 

 

この辺りではないかと想定

正体はこの時点ではまだわからなかったので
小動物がいるらしい、

ということで
退治してくれる業者探しからはじめました。

 

まずは業者探し

ネットで探してもいいのですが
私は役所、保健所へ連絡して
業者を紹介してもらいました。

なぜ、役所関係から紹介してもらうのか、
というと
小動物系の退治では
役所から捕獲のカゴを借りることができるのです

役所通しての業者ですと
その辺りもきちんとしていて
カゴを借りて来さえすれば、
どこに置くか、アドバイスいただけます

基本、自分で捕獲!

となりますが・・・

その分、費用もそんなにかからなくて済みます

一方、ネットで探した業者、

なんかセンター通して紹介される、
みたいな感じです。
(私が電話したところはセンターが東海エリアでしたし)

そういった業者さんでも
エリア近くでそのエリア事情を知っている業者でしたら
いいのですが、
同じ県内でも遠いところから、
となると、動物の処分なども
市内でできなかったりします。
多くの費用がかかることが想定されます。

市内の指定業者ですと
初めの見積もり調査段階で費用が発生したとしても
その後のことを考えると

実は安く費用を抑えられる

なんてこともありえます。
(実際、うちは安く済んでいると思います)

なので

 

もし、
小動物の退治をしないといけなくなったら
まずはその物件のある役所、保健所に相談をする

といいですよ

その後どうなったかは
また後日書きたいと思います。

 

今日も読んでくださり
ありがとうございます♪