初めまして カケルです。 

10年前に不動産投資をスタートし、現在9棟196戸を所有しております。

満室想定家賃年収1億2000万円、別途太陽光売電金額も年間900万円あり、ゼロからスタートした大家業も事業といえる規模感まで拡大してきました。

 

またサラリーマンとしても、今の会社に一般社員として入社、直近では取締役として就任し、大家業、サラリーマンと畑違いの業界ではありますがそれぞれで学んだ事をフィードバックし、事業を両輪で拡大しています。

 

そして現在44歳、ここまで出会ってきた方々からの教え、気付きと親から貰ったDNAの掛け算によりアグレッシブな人生を歩んでおり、できればこの想いや私の不動産事業での成功と失敗を記し、人生の壁にぶつかっている方や大家業を始めようと思っている方のブレイクスルーとなるキッカケをお手伝い出来たら嬉しいと感じております。

 

10年前に不動産投資をスタートし、現在は下記の規模まで事業拡大を実施しています。

✔9棟196戸を所有

✔満室想定家賃年収1億2000万円

✔太陽光売電金額年間900万円

 

本当に属性も資産もゼロだったこともあり、ロードマップを作成しながら計画・立案、実行、検証を繰り返してきました!

まずはここまでの道のり、STEP by STEPをシェアします。

【不動産投資! START】

もともと26歳の時に住んでいた賃貸物件の家賃と、2年に一度の更新料の高さに嫌気が差し、自宅用として都内ターミナル駅徒歩8分に2LDK分譲マンションを購入しました。

その後1年を経たずして転勤となり、分譲マンションを賃貸物件として稼働させていくこととなります。

 

10年間にわたり賃貸物件として稼働させていきますが、賃借人が変われどもほぼ満室で稼働しておりました。

ブレイクスルー、ここで気づきがありました!

ロケーションと賃貸面積、設備等のスペックそして賃料が合致すれば、安定的な賃貸経営として成立するということです!

 

そこから転勤した福岡で、主として地下鉄沿線の博多区、中央区の中古区分マンションの投資を進めていきました。最大で6区分を所有しておりましたが1棟ものと比較して、規模感、スピード感、融資付けの3点が圧倒的に劣るため、売却をしました。

上記の売却益をベースに2011年福岡市内地下鉄沿線、徒歩3分のアパートを購入し、本格的な1棟ものへの参入です。

 

その後、銀行の融資拡大時期に合わせ、RCを中心にフルローンの融資を受けて規模拡大の道を歩んでいきます。

しかしながら、2015年以降から銀行融資拡大時期と不動産投資をするプレイヤーの増加によって、物件が購入できない、投資基準が合わない状況になります。

投資仲間はドンドン購入して規模の拡大を実施しておりましたが、私は空振りの連続で焦りを感じておりました。

 

【2015年が私のCHANGE THE WORLD】

2015年前後の不動産マーケットは、サラリーマン大家と三為業者が乱立し、銀行の融資拡大と共に、物件の投資利回りが急激に低下、スペックの高い物件は瞬間に買い手がつく状況が生まれ、私が持っている投資目線に合うものは殆どない、買えない環境になっていきました。

そして2015年が私にとってのCHANGE THE WORLDになります。

そこで爆発的利回りが確保できるワケあり物件、競売物件への参入、ガラガラ・ボロボロ再生物件への挑戦がスタートします!

 

静岡で競売物件の仕上がり利回り12%、岐阜で2棟再生物件の仕上がり利回り25.5%、利回り32%と、、、サラリーマン大家が行わない投資・事業を実施し、収益の拡大に繋げていきます。

 

そして2017年に岐阜の競売物件を落札した後、不動産市場の過熱感を鑑み、2017年、2018年で3棟の売却を実施します。

同時期にカボチャの馬車問題、スルガ銀行の不正融資問題が明るみになりましたので市場の定点観測を実施しながら、行き過ぎた市場の調整を実施していたのが2019年です。

そして3棟の売却益と法人としての7期決算書を持って怒涛の2019年、カケル不動産として「圧倒的な買い」を進めることとなります!

整理をすると次の3点になります。

①不動産事業の可能性を感じ、規模が小さい物件でトレーニングし、知識と経験そして元手となる原資作り

②規模拡大と法人としての実績作り

③物件を売却し、キャッシュの厚みと決算書として自己資本比率、債務償還年数の改善を!

 

これが2019年に到るSTEP by STEPになります。

 

2019年の「圧倒的な買い」のエピソードはまた別の機会に行いますね!

今後ともどうぞよろしくお願い致します。