前回の反省

前回のコラム「持続化給付金と不動産賃貸業」では、貰えるものは少しでも多くもらいたいという古事記根性を紹介しました。

 

ポスドクさんからもご指摘がありますが、売上減少だけではなく、コロナの影響ということも重要ですので、売上が落ちていてもコロナの影響がないのに申請をするのはあかんです。
まあ結局原因はすべてコロナになるように、イマジネーションが大事です。

また持続可給付金を利害関係者である入居者や職人へ情報提供が大事であるということを紹介できましたが、入居者兼職人が確定申告していないからもらえないという素晴らしいオチがついて、コラム的にはおいしかったです。

では今回もコロナの話をしたいと思います。

コロナ融資の結果報告です。

以前申込みしていると紹介しましたが、結果が出たので報告します。

 

コロナ融資の制度は大きく3つありますので、

その紹介をしたいと思います。
※融資制度は以前コラムでも紹介した内容ですが、改めて紹介します。

 

1.日本政策金融公庫

編集部様がコラムで紹介しておりますので、紹介いたします。
素行が悪いので、ポイントを稼ぎます‼ 

(婿さんみたいに特集記事に出ることが夢)

日本政策金融公庫が実施する「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の詳細は以下の通りだ。
融資対象:最近1カ月の売上高が前年、または前々年の同期と比較して5%以上減少している法人や個人事業主
融資限度額:6000万円(別枠)
金利:基準利率(借入後3年目までは基準利率-0.9%)
返済期間:設備資金20年以内、運転資金15年以内(いずれも据置期間5年以内)
なお業歴が3カ月以上1年1カ月未満の場合には、最近1カ月の売上高が、1)過去3カ月(最近1カ月を含む)の平均売上高、2)2019年12月の売上高、3)2019年10月から12月の平均売上高-のいずれかと比較して5%以上減少していれば対象となる。
基準金利よりも0.9%も安く無担保で借りれますので、かなり好条件だと思います。

 

2.商工中金

融資条件は日本政策金融公庫とほぼ同じです。
日本政策金融公庫が個人事業主中心、商工中金は社員20人~の中小企業が中心です。
株主が約半分が財務大臣で、残り半分が民間という特殊な銀行です。
なお日本政策金融公庫の株主は財務大臣が97%、残りが経済産業大臣、農林水産大臣、厚生労働大臣と100%国有です。

 

3.セーフティネット保証

4号とか5号とか聞いたことがある方も多いと思います。
私の彼女の数ではありません。
まず、売上高の減少具合に応じて、市役所で認定をもらいます‼
その後商工会であっせん後を取得し、金融機関で融資を受けます。
詳しくはお住いの都道府県の制度融資と検索してください‼
滋賀県のHPからの画像を貼ります。

制度の概要は政府が融資金額の一定割合を保証するものです。
各都道府県によって金利などの条件は異なります。
私の滋賀県を事例に紹介します。

セーフティネット保証は大きく2種類あります(全国共通)。
指定業種(貸家業は含まれる)に入っている業種に適用され、売上高の減少具合で異なります。
・4号
最近1か月間の売上高等が前年同月比で20%以上減少している場合に適用されます。
期間は設備資金、運転資金ともに10年、金利1% 保証料なしです。
県の融資保証は100%ですので借りやすいです。
・5号
最近1か月間の売上高等が前年同月比で5%以上減少している場合に適用されます。
期間は設備資金、運転資金ともに10年、金利1% 保証料なしです。
県の融資保証は80%ですので、少し借りにくいかもしれません。
・6号
最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少している場合に適用されます。
期間は設備資金、運転資金ともに10年、金利1% 保証料なしです。
県の融資保証は100%ですので借りやすいです。

4号と6号はあまり変わりがないように感じております。

ここまでが一般的な情報で、正直ネットを見ればわかります。
以下が実践コラムです。

 

大津の突撃談

まず私は借りれるだけ借りるという方針です
上記3つにすべて突撃しており、その結果を紹介します。
また個人(戸建12戸)、法人(戸建12戸)ですが、夜逃げにより甚大な影響が出た個人だけで融資を申請しております。

 

1. 日本政策金融公庫
15年以上前の大晦日でボブ・サップと戦った曙並みの速さで瞬殺されました。
理由は、借りたばかりだからです泣
3月決済した110万円の廃屋の融資が460万円で承認されました。

融資実行は5月です。
そのため、時期が悪いという理由で受け付けも出来ません泣

圧倒的あべしです。
再チャレンジをしたいですが、難しいでしょう汗

 

2. 商工中金
5月1日の朝に訪問しました。私のTwitterを紹介します。フォローしてください‼

商工中金は、主に社員数20人~向けの中小企業向けの銀行です。
今回は法人ですらなく、個人事業主としての申し込みのため難しいかもとは思いましたが、一応受け付けてはくれますので突撃します。
面談しましたが、20代後半と同じ年ぐらいの銀行員2名で割と好感触でした。

なぜ公庫やセーフティネット保証を使わないのかという質問が案の定来ましたが、用意しておりました。
「公庫はでの借り入れを検討しましたが、借りたばかりであべしされております。またセーフティネット保証は返済期間が10年と御行の15年より短く、利幅が薄い不動産賃貸業では10年融資はキャッシュフロー的に厳しいので、御行での融資を希望しています」

と伝えました。割と納得してもらえる理由かなと自画自賛しています。
留年し、就職活動を2回している強みがこういう時に活かされます。
セーフティネット保証でも申し込んでいることは内緒です。

550万円で申し込みました。

結果は、あべしです。

融資への条件が鬼畜です。
すべての今回申し込んでいる個人分&法人分の銀行返済をすべてリスケするなどをした上でないと融資が出来ないといわれてしまいました汗
この条件は今後の銀行との付き合いなどを考えると飲めませんので、辞退しました。

 

商工中金は、最近不祥事を起こしています。

今回のような政府が信用保証を行う制度融資で、条件を満たしていないのにでっち上げて融資を通したという不祥事がありました。

そのため、今回も厳しくなっているのではと感じています。
銀行員の方も制度融資はうちは厳しくなっているとは言われておりましたが、不動産賃貸業は警戒されているので、ほかの銀行にも返済できないレベルのギリギリの状態ではないと借りれないかもしれません。

 

3. セーフティネット保証

まず、市役所で認定を取りにいきました。私は約20%超減少となり4号(国の保証100%で貸してはノーリスク)が通りました。
その認定書を基に銀行へ行きます。銀行が窓口となります。
流れとしては、

市役所(認定取得)→銀行→商工会認定(銀行が代行してくれる場合も、自分で取得し、銀行に提出する場合もあります)→保証協会承認で融資となります。

基本的に銀行はメインバンク経由が望ましいです。
注意しないといけないのは、別の銀行から申し込んでも、バレるということです。

やろうと画策してましたが、調べて断念しました。

私は付き合いがある信用組合経由で550万円申し込みました。
追加書類で、事業にかかわる免許とかありませんかと聞かれたので、宅建業は持ってないっけど、宅建士証はあると伝えたら、それが欲しいといわれて提出しました。初めて資格が役に立ったのかもしれません。

その結果、
無事550万円満額で承認されました。

僥倖、圧倒的僥倖‼

融資条件は、金利1%返済据え置き5年、元金均等で返済期間10年です。
3年間は利子補給があり、金利0です。

5年間は返済なしは最強です。

その結果、先述の公庫融資460万円と合わせて、手元資金が1,000万超になり、あべしは免れました

また介護事業では、1500万円を申し込んでおり、現在審査中です。

 

いま案の定申し込みが増えているとのことです。
信組の方いわく、担当企業の20%程度が申し込みをしているとのことでした。
私個人は、5月1日のスタートダッシュでしたため、今週入金となりました。

しかし、介護事業は書類に手間取り先週漸く申請したところで、審査通っても入金は7月になると思います。

 

まとめ

色々意見はありますが、使えるものは使うという古事記の姿勢です。

しかし、コロナ融資や持続化給付金をもらうと、今後銀行融資を受けにくいのではといわれており敬遠する方も多いです。

業績悪化しているとみなされるからです。

普段から1%前半以下で借りれているような大家さんで今後もそれなりに自己資金があり拡大を考えている方は融資を受けない方が賢明かもしれません。

しかし、融資を受けるかは考え方や状況にもよります。

私はもともと銀行が嫌がる超築古しか持ち込まない&自己資金がほぼ0という、貸したくない客ですので、正直かなり高い金利を払っています(平均2.95% コロナ融資除く)。

従って、融資を受けようがあまり変わらないのではというのが本音です。それよりもここ数年自己資金がほぼ0で推移していましたので、経営安定化させることが優先と考えました。

私のような45組には、現金が必須でどういう手段を使っても金を引っ張ることが生命線です。
45組はかわいそう、古事記だなと憐れむ方もいるかもしれません。

そんな我々の本音を紹介します。

同情するなら金を貸せ‼