美ら海水族館 沖縄 2017

新築の入居状況

建物完成から3ヶ月が経ちました。入居状況は9/10。

あと一部屋です!!

結局、大型ルーフバルコニーと大型ロフト付きの5階の部屋が残ってしまいました。ちょっと、家賃が強気だったかもしれません。コロナに負けずに頑張りたいです!

入居率の上がる賃貸住宅

賃貸アパート・マンションの植栽について、大家のみなさんは、どのように考えていらしゃしゃるのでしょうか?

大家さんによっては初期コストやメンテコストがかかると考えて、新築時にあえて植栽スペースを設けない方も多いような気がします。確かにその通りですし、手入れを怠って雑草がぼうぼうに生えている植栽スペースになってしまうぐらいなら、コンクリートや砂利を敷き詰めるた方が、印象は良いのかもしれません

私の場合、小さいことからの大家業の経験から、賃貸住宅には、小さくてもいいから植栽スペースが有ったほうがいいと感じています。私の祖父は植木いじりが趣味で、自分の物件の植栽はとても丁寧に管理していました

それこそ、個人の感性の差で何が正解かはわかりませんが、賃貸住宅の入り口に小さくてもきれいに整えられた植栽があったりすると、なんかホッとしていい気分になりませんか?そして、この物件のオーナーさんは、経営にもセンスがあるんじゃなかなぁという印象を持ちます

 

個人的な先入観ですが、それは入居率の向上につながると思っています

テラスハウスのエントランス(2018年竣工)

植栽選びのポイント

植栽が設置することがおすすめと言われても、一体どのような植物をどのように植えたらいいのか見当がつかない方も多いと思います。また、新築時に建築会社にまかせて植栽を設けたけれど、数年後に一部が枯れてしまった。伸びすぎて悲惨な状態になったなどの苦い経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

植栽で一番気になるのは、水やりの心配ではないでしょうか?

確かに、自宅のすぐとなりに賃貸住宅を持っている地主大家さんならまだしも、遠隔地の賃貸物件の植木に定期的に水やりをするのは不可能に近いでしょう

では、どうするか?

水やりがいらない植木

を植えればいいんです

そんな都合のいい植木があるわけがないでしょう!と思われる方も多いかと思いますが、野山に生えている草木は、誰に水やりされているわけでもなく生きているわけです。その地方の気候にあった植物であれば、アパート・マンションの植栽であっても自生することはできるはずです

おすすめ植物

そこで、私がこれまでの経験から、全く水やりもしなくても自生するメンテナンスフリーの植木をご紹介します。ただし、環境的には東京地区限定です。雪の多い地方や気温の高い九州・沖縄地方のことはよくわかりません

私がおすすめするNo.1植物とは!

マホニア・コンヒューサ!

我が家のマホニアコンヒューサ

みなさんもどこかの植木で見たことがあると思います。細い葉っぱが洋風、和風どちらの庭にもマッチしてデザイン的にも使いやすいです。常緑樹のため一年中、緑を絶やしませんが、春先に大量の新芽出してぐんぐん成長します

乾燥に強いため、水やりはほとんど必要がありません。個人的には、

植栽の王様

だと思っています。とにかく使いやすい植物です

値段も一株1000円ぐらいで、大変お得です

そして、マフォニアコンヒューサに続く次点は、

ヘデラ!

我が家のヘデラ

アイビー、セイヨウキヅタとも言われますが、葉の大きさ、白い縁取りの入り方などでたくさんの種類がありますが、どれをとっても非常に強い植物です。地をはったり、壁面に張り付いて伸びていく植物ですね

もちろん、乾燥にはめっぽう強いので、水やりは全く不要です。夏場の乾燥が激しい気候のときに落葉することもありますが、春先にはしっかりと葉っぱを再生してくれます

値段も一株200円ぐらいでとてもお得です

マホニアコンヒューサヘデラも10年以上、一度も水やりをしたことがありません

アパート・マンションのちょっとした植栽であれば、マホニアコンヒューサをメインに植え、その根本にヘデラを植えれば、それだけでメンテナンスフリーの植栽が完成です。デザイン的にも、それなりに格好いい感じに仕上がりますし、たいしてお金もかかりません

準おすすめ植物

オタフクナンテン

オタフクナンテンは、秋に真っ赤に紅葉するので植栽の中でちょっとしたアクセントになりぜひとも追加したい植木です。大きさもあまり大きくならないため使いやすいです

アベリア

アベリアは、小さい白い花をたくさんつけるかわいい植物です。葉の形も整っていてかわいいです

新築マンションの植栽

ということで、以上の植物を楽天市場で購入して、新築マンションの植栽スペースに植えてきました

植えたばかりは、少し雑然としていますが、少しすると植物も枝や葉をシャキッと伸ばしますのでそこで剪定する必要はあります

その他の植物

低木ではなく、少し高さのあるシンボルツリー的な木がほしければ、おすすめはシマトネリコですね

シマトネリコ

これも、非常に乾燥に強く、ぐんぐんと成長してくれます。その代わりに定期的な剪定は必要です。繊細な容姿がシンボルツリーとして建物を引き立てくれます

また、これだけは使ってはいけない植物もあります。ゴールドクレストです

クリスマスツリーのようで、見かけはいいのですが、アパート・マンションの植栽には絶対に使ってはいけません。夏の暑さに弱いので100%かれます。今から10年ぐらい前までは、見かけがいいので建売住宅などで盛んに植えられましたが、どんどんみすぼらしく枯れるためか、今はあまり見なくなって来た気がします

以上、アパート・マンション向けの植木について、私の経験からおすすめの植物を紹介しました。元々、植物にはあまり詳しくないので、他にも良い植物はあるのかもしれませんが、とりあえずこれぐらい知っていれば足りそうな気がします

今回も通販で買った植木を自分で植えたので、10~20万円のコストが削減できたのではないかと考えています

デベロッパー曜日、まだまだ続きます

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました