こんばんは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日は金利の種類というテーマでコラムを書いていきたいと思います。

(タイトルとサブタイトルを入れ替えてみました。)

 

1.固定金利と変動金利

融資の金利は大きくわけると2種類の金利があります。

1つは、契約時に定められた金利が返済終期まで変わらない「固定金利」です。

もう1つは、契約時に定められた金利が返済終期までの間に変動する「変動金利」です。

その中間として、一定期間のみ固定金利を選択できる契約もあるものの、金利の性質は、固定金利と変動金利の2種類があるということを覚えていれば十分かと思います。

2.金利水準の決定要因

金利は何によって決まるのかということについては、深くは触れませんが、金利の大きな構成要素として、「信用リスク」という考え方があります。

これはおおまかにいうと、金融機関から見た場合に、お金が返って来ない可能性がどれくらいあるかということです。

このため、貸出を受ける不動産の収益性や担保としての安全性が低ければ、金利が高く、逆に収益性や安全性が高ければ金利は低くなります。

また、必ずというわけではありませんが、基本的には短期の金利と長期の金利では長期の金利になればなるほど、金利は高くなります。

3.固定金利

固定金利と大きな特徴としては、すでに説明したように、融資期間にわたり金利が変わらないという点が挙げられます。

このため例えば、インフレにより市中の金利が上がったとしても、金利は変わらないので、金利変動リスクを気にする必要がなくなるメリットがあります。

逆にデメリットとしては、通常は借入当初の金利水準で比較すると、変動金利よりも割高な金利となってしまう点や、場合によっては、繰り上げ返済をする場合に違約金が発生する場合があるという点が挙げられます。

特に違約金の有無については、固定金利で借入を行う際には、かならず押さえておく必要があるポイントとなります。

4.変動金利

変動金利の特徴は、固定金利とは逆に、融資期間中に金利が変動します。

固定金利のデメリットとは逆で、借入当初より金利が上がらなければ結果的に固定金利で借りた場合よりも金利コストが少なく済みます。

逆に、インフレなどにより金利が上昇する場合には、もろに金利負担が増えるリスクを追っているため、市中の金利水準の変動についても意識を払っておくことが重要になります。

固定金利→変動金利の切り替えは、違約金発生などに留意する必要がありますが、逆に変動金利→固定金利は比較的制約が少ないので、迷った場合には、当初は変動金利で借りて、途中で固定金利に切り替えるといった方法も良いでしょう。

5.おわりに

あくまで個人的な意見ですが、しばらくは金利の急上昇のリスクはそれほど高くはないと考えており、あえて固定金利で借りなくとも良い環境かなと思います。

しかしながら、金利といった不動産投資とは別次元のリスクを気にしたくないといった場合であれば、固定金利を選択し、不動産経営に注力するといった割り切りも経営判断としての妥当性はあると考えています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(ご質問等あればお気軽にコメントください)。