こんにちは、かっちんです。

約2か月ぶりのコラムになりました。

その期間、ちょっと充電していました。

で、この充電期間中に不動産投資に何か動きがあったかというと・・・。

特に何もありませんでした(笑)

不動産投資は植物を育てることとよく似ている

不動産投資は植物を育てることとよく似ている。

細かな言葉までは記憶にありませんが、そんな趣旨のことを聞いたことがあります。

種をまいて、育てて、そして収穫する。

本当にその通りだと思います。

自分のステージは今、どこ?

不動産投資をしていくにあたって、自分のステージを見極めることってすっごく重要だと思うんです。

だって、死ぬまでずっと種をまき続けるなんて馬鹿げているからです。

そんなことしてたら、何のための不動産投資かわかりません(笑)

 

では、私のステージはどこなのか?

今は第一期の収穫の時期だと思っています。

3人目の子どもが生まれたとき、子どもたちの将来にお金がかかることが目に見えていたことも、不動産投資に対して本気で向き合ったきっかけの一つでした

そして、4人目が生まれ、なおさら頑張らざるをえない環境になりました。

昼の仕事(サラリーマン)と、夜の仕事(不動産業)の二足の草鞋で頑張れたのも、子どもの将来を思ってのことです。

そんな子どもたちに、いよいよお金がかかる時期が到来しています

親のいなかった私は、そろばんに一年通わせてもらったぐらいでした。

教育はお金がすべてだとは思いませんが、お金ぐらいで我が子の可能性が伸ばせるなら、掛けてやりたいと思っています

 

ということで、当初の目的通り、不動産投資でのキャッシュフローは、教育費へと消えていっています。

 

もちろん、利潤の追求をするなら、再投資をするべきなのでしょうが。

私の道は経営者的な観点からはNGでしょう。でも、原点を見誤らず、進めていきたいと思っています。