こんばんは。
蝦夷の築古大家です。
 
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
 
今回は民間のアパート(住宅)に住むか官舎や職場で借り上げている住宅に住むかについて、自分の所感、友人の意見も参考に書いています。
 
勤務先によって、官舎、借り上げ住宅がある場合、民間住宅に住む以外にも物件の選択肢があります!
 
【官舎など職場の借り上げ住宅についてのメリット】
 
①家賃が安いこと(タダ同然のところも)
 
②職場が近いことがほとんど
 
③住人がみんな同じ職場なので飲み会や集まりなど、仕事以外もワイワイ出来る(愚痴とか相談がしやすいかも?)
 
④何かあったときは協力できる(雪国では冬場に共用部や駐車場など、みんなで除雪する光景が見られる)
 
⑤騒音など、住人トラブルは少ない
 
【官舎など職場の借り上げ住宅についてのデメリット】
 
①建物が古い場合がある(ホコリとかダニとかがひどい場所も)
 
②恋人など、大切な人を連れ込みにくい(勢いとタイミング、周りの様子を把握しておくことが大切です!)
 
③人間関係のしがらみや先輩、後輩関係などの違いによる苦労はある
 
④稀にアルコールハラスメントがある(体育会系の職場など)
 
【民間住宅に住むメリット】
 
①人間関係のしがらみが少ない(ここは大切かと思います)
 
②住む場所など、自分のこだわりなどを自由に選択できる(部屋の機能のこだわり、デザイナーズ住宅が選べたり)
 
③恋人など、大切な人が呼びやすい
 
④人目を気にせず、夜遊びや自由な行動がとりやすい
 
【民間住宅に住むデメリット】
 
①家賃が高めの傾向がある
 
②何かあったときは、自分でなんとかしなければいけない(レアケース)
 
③集合住宅だと近所トラブルが起こる可能性もある
 
【まとめ】
 
個人的には、若いうちは官舎、借り上げ住宅でも良いのかな?と思っています!
 
結婚するまでは自由がきくため個人的にはその方が楽しいし、仕事上でもメリットが多いかなと思っています!
 
皆さまがサラリーマンとして働いていたとしたら、民間住宅or官舎、借り上げ住宅の
 
どちらを選ばれるでしょうか?
 
ここまで閲覧いただきまして、ありがとうございます。