~このコラムは大した経験もない4年生大家が、恐れ多くも個人の経験や見解を記したコラムです~

 

皆さん、こんばんは~

ジュニアです。

 

今日、日課であるメールチェックをしていたら、どこかで見覚えのある物件が、、、、

 

先日のコラム「#52 10カ月ぶりに買付を入れた件」で買い負けた区分マンションでした。

私が買い負けたのはちょうど1か月前で400万円

それが、、、

580万円!

笑っちゃいますね~(笑)

 

 

さて、タイトルが直球になってきました。

今回のネタは絶賛連載中?の「金融機関開拓ロード」シリーズです。

 

皆さん、

そろそろこのシリーズに飽きてきていませんか??

 

私もちょっと、疲れてきました(笑)

果てのないこの道は、どこまで続くのでしょうか??

 

 

今回の構成は、以下のとおりです。

 

1.ここまでの戦績

2.今回のターゲットは

3.早速のアクション①

4.早速のリアクション

5.リアクション②

6.戦略会議①

7.私のアクション②

8.作戦会議②

9.私のアクション③

10.最後に

 

 

それでは本題に入ります。

 

1.ここまでの戦績

私のここまでの金融機関開拓ロードは、以下のとおり4連敗中です。

 

第一章
アパート1号の融資を受けている〇リックス銀行に打診も撃沈

 

第二章
A信金に飛び込みで打診、期待したけど撃沈

 

第三章
B信金に紹介をもらい打診も、アポすら取れず撃沈

 

第四章
ノンバンクC社にネットで申し込み。
融資はしてもらえそうだが、メリットが出ない=コスト等を考えると合わない条件。。。

一旦、保留にしてもらっています。

 

 

少し、甘く考えていましたが、行動するたびに各金融機関での特徴が掴めてきました。

今後、融資をお願いするときに、今回のアクションが役に立つと思っています。

 

そう信じてます
(-_-メ)。。。

 

 

2.今回のターゲットは

さて、今回のターゲットは東京に本店がある第二地銀(D銀行とします)です。

 

ネットで「アパートローン、借換え」などと検索をしていて、前回のノンバンクC社と共にヒットした金融機関でした。

 

D銀行は新規取得の際のアパートへの融資は行っておらず、不動産担保ローンを活用しての借換え案件のみの取り扱いのようです。

 

不動産担保ローン??

 

このような商品があることは知っていましたが、アパートローンと何が違うのかは知りませんでした。

 

ネットで色々と調べてみましたが、通常のアパートローンと同様、不動産を担保にしての融資ですが、一般的には資金使途が限定されておらず、その分金利が高いようです。

 

何はともあれ、突撃あるのみです。

 

 

3.早速のアクション①

C社の回答が思わしくないことから、先週の月曜日の夜にD銀行のホームページから相談の申し込みをしてみました。

 

「ローンなんでも相談」

 

良いネーミングですね(笑)

 

ここでも入力項目は限定的です。

 ◇住所、氏名、年齢

 ◇担保物件の情報

 ◇融資希望額

くらいでしょうか。

 

C社同様、物件の担保力のみ、見ている印象ですね。

 

 

4.早速のリアクション①

こちらの金融機関もC社同様、レスポンスは早かったです。

 

翌火曜日の午前9時30分には、携帯が鳴りました。

担当者は少し早口の女性。

 

仕事中ですので、部屋を抜け出してコソコソ対応しました。

 

担:ただ今、少しよろしいでしょうか

 

ジ:スミマセン、ちょっと待ってください

  (移動)

  はい、大丈夫です。

  スミマセン、サラリーマンなもんで。
担:いくつか質問がありますが、よろしいでしょうか?

 

ジ:はい、大丈夫で、
担:まずは勤務先と

ジ:あ、
担:ご年収と

ジ:え、
担:現在の借入先と、

ジ:ちょっ
担:借入れ条件と、、、、

(注)文字の大きさと太字と、狭い行間は担当者の「圧」を表現したものです(笑)

 

 

スゴくせっかちな方でした(笑)

 

担:ほかに借り入れはありますか

ジ:他にも区分マンション2戸と、戸建があっ、
担:では借り入れ状況を教えてください!

ジ:区分1号は〇〇銀行で、〇〇%で、
担:残債はどれくらいですか!!

ジ:〇〇〇万円くら、、
担:もうひとつの区分の条件は!!!

ジ:(苦笑)〇〇銀行で、〇〇%で、残債は、、えーと、
担:大体で結構です!!!!!

ジ:〇〇〇万円くら、、
担:ほかに借り入れは?

 

終始こんな感じで、最後まで答える前に被せてきます(笑)

 

こちらはお金をお借りする立場、、、、(涙)

 

相手のペースに合わせて対応するしかありませんね。。。

 

 

5.リアクション②

主な質問事項にひととおり回答すると、、、、

 

担:団信はご希望ですか

ジ:はい(返事は短く(笑))

担:、、、、金利は〇〇%、
  期間は当行は最長20年なので返済額は月〇〇〇円くらいですね。

 

(゚д゚)!

(゚д゚)!
(゚д゚)!

ジ:〇〇%!!

 

 

担:はい、悪くない条件だと思いますが、お申し込みをいただかないと、正式な回答はできませんが。
  申込書をお送りしますので、必要事項を記載し、必要書類をそろえて返送ください。

 

ジ:もちろんです
  お願いします!!

 

 

6.戦略会議①

当日、家に帰って色々と整理をしましたが、先方からの条件は予想以上に良いものでした。

電話でのやり取りからは、物件の担保力の範囲であることと、返済比率を確認している様子。

今回借換えを狙っているアパート2号は路線価以下で買っていますので、まだ担保余力はありそうな雰囲気です。

 

であれば、

 

区分1号とかも借り替えちゃう??

 

 

これが出来れば無担保の共担要員としても、活用ができそうです。

 

 

法人所有のアパート1号も、担保余力があれば借り入れして、個人の物件を法人に名義変えちゃう??

 

聞きたいことが、山盛りです(笑)

 

 

7.私のアクション②

翌日、早速せっかちさんに電話をしました。

 

ジ:何点か教えて欲しいことがあるんですが、よろし、
担:あ、書類なら今日発送します

ジ:、、、、、

ジ:いや、そうじゃなくて、融資金額を増やすことが出来ないかと
担:いくらですか!

ジ:〇〇〇万円ほど
担:何にご利用ですか!

ジ:個人で持っている区分マンションや戸建なんかの返済に充てられないか、
担:戸建!?
  昨日、お話しいただいてないですよね!!

 

お、怒られました(苦笑)

 

 

ジ:(心の声:聞かれてないし、、、)
  そうでしたか、スミマセン。
担:融資は受けてますか!

ジ:はい、公庫で融資をうけてま、
担:残債は!!

ジ:〇〇〇万くらいか、
担:大体で良いです!!!

カタカタカタ(キーボードの音)

担:ふう、
  大丈夫そうですが、
  ちゃんと話してもらわないと困ります!!

ジ:(心の声:ちゃんと会話のキャッチボールしないから、、、)
  スミマセン、、、、

 

担:では、申込書にキチンと書いて出してください!

 

ジ:え、あ、まだ聞きたいことが(汗)
担:なんですか!

ジ:法人でもアパートがあるんですが、措置らの借り換えの相談窓口も、

担:法人も聞いてませんよね(怒)

 

ジ:ええ、話してませんから!

だって個人とは別ですよね。

昨日の時点で、話す必要はあったんですか?

だったら、そういってもらわないと、分かりませんよ。

 

仏のジュニアもさすがに、クギを刺しに行きました(笑)

 

担:法人案件の窓口はこちらではありません。。。

ジ:分かりました。

  では申込書の送付をお願いしますね~。

 

 

他にも聞きたいことはいくつもあったのですが、これ以上、話をするのは難しいと判断して、切電しました。

忙しいのは分かりますが、コミュニケーションが出来ないのは困りますね。。。

 

 

 8.作戦会議②

夜、帰宅してから作戦会議です(一人ですが、、)

 

借換えの条件は、全く問題がなく、あとは諸々の借入と返済比率をどう見られるかが気になります。

 

過去の経験から、無担保融資は良い印象を与えないので、手元の現金である程度返済を進めることで返済比率も下げた方が良いのか。

そうすると、タダでさえ少ない現金が、更に少なくなります。

 

返済比率は30%とか、35%とかで見られるんでしょうけど、

給料だけなのか?

不動産からの収入も入れるのか?

 

融資の条件が良いだけに、ハズしたくはありません!

 

 

9.私のアクション③

その日のうちに、早速行動です。

再びD銀行のホームページを訪問し、「法人のお客様」のボタンをクリックし、法人向け不動産担保ローンのページを開きます。

 

(・_・フムフム

 

どうやら、土日も相談を受け付けているらしい。。

 

早速、申し込みました。

 

 

10.最後に

ちょっと、長くなったので今回はここまでです。

 

法人での借入については可能性は低いと思っています。

それと同時に個人の借入について、色々と教えてもらうつもりです。

 

せっかちさんには申し訳ないけど、こちらも真剣です。

今回こそは借換えを果たすため、全力で行きますよ!

 

 

今回のコラムは、如何でしたでしょうか。

これから不動産を始める皆さんにとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

また、簡単でも構いませんので、皆さんからの感想、ご意見のコメントを頂けたら嬉しく思います。

 

次回のコラムは、もちろん今回の続きについて記していく予定です。