みなさんこんばんは。

 

 

いきなりですが

みなさんは楽待の提案機能から希望に合致した物件を不動産屋さんが直接提案してくれる機能をご存じですか?

 

たまにニーズにマッチングしている物件が届いたり、全然違うのが届いたり~なので今まで良い物件が送られてきたことはありませんでした。

 

それが、数日前にターゲットエリアど真ん中で価格もドストレートな物件情報が届いたんです。

 

・・・おっ!?と思ったのですが・・・。

物件を提案してきたのは私がとんでもない目にあわされた例のトンデモ不動産屋です。(楽待さん!早く登録削除してよ!!(@@;;;;)

 

 

まぁ、以前の担当者はやめて独立した後ですので別の担当者からです。

実は、この不動産屋、最近私の狙っているターゲットのエリアの物件を複数掲載していることは知っていたんですが、またとんでもない目にあわされる可能性もあるし、私だと知ればそもそも取引をしたいはずはないでしょう。

 

楽待内の提案機能を利用してだと、ニーズだけが表示されて私が何者かもわからないのでしょう、たまたまなのかもしれません。

正直コンタクトを取るかどうか1日悩んだのですが、あまりにもドンピシャなので、詳細資料を取り寄せることにしました。

 

不動産屋から連絡

資料はすぐに届きました。

<物件スペック>

7500万

鉄骨 築29年 2LDK 6つ 駐車場5台

土地面積179.36㎡

延べ床面積 390.58

公道 西側 約4m

公道 南側 約4m

現状有姿 公簿取引

第一種住居地域

建ぺい率 80% 容積率200%

想定利回り:8.83%

媒介※媒介⼿数料:売買代⾦から消費税を除いた⾦額×3%+6万円(外税)

 

・・・となっています。

住所は私の居住エリアから徒歩7分程度です。

メールですぐにお礼を書き、早速現地に足を運んでみる旨連絡しました。すると、営業担当者から電話が即かかってきました。

1部屋空室があるのでその空室の内覧の約束をしました。

電話の感じではあまり慣れていない人なのかな??という印象を受けました。

問い合わせが結構多いので内覧は急いだ方が良いとのことです。(話半分で聞いていますが)

 

現地確認

とにかく近いということで、早速現地に出かけました。

公道約4mというのがなんだか気になったので、メジャーをもっていったところ、両方どうみても3m20cm程度しかありません。片方は3mも怪しいほどです。

あの不動産屋のことだ!またいつとんでもない爆弾を後から投げてくるかわからんっ!!

人は違っても、不動産会社のポリシーは引き継ぐに違いない!!

周辺に嫌悪施設がないか、組事務所がないか、グルグルと変質者のように昼と夜と犬の散歩で3度も訪れました。

・・・だけど、物件にはおかしな点は何もありませんでした。

なにより好立地!!部屋も広いし自分が住みたいくらいです。

 

(-ω-;)ウーン・・・・でもなんでこんなに安いのだろう。

建物のサイズと地域的に1億前後はしそうです。

何か裏がありそうだなぁ・・・。

 

正直、物件がどこかのサイトに売りに出ているのであれば、この不動産屋と関わりたくないので別の不動産屋から申し込みたいところでしたが、どこにも情報が出ていません。

ちょっと危険な香りがしますが、また楽待さんからですし、今度もし何かあったら今度こそこの不動産屋の登録を削除してもらいたい!!!と思っています。

あと、 何か事件が起きても嫌なのでここに書き記すことに・・・(爆)

 

不動産屋と現地確認

建物の内部はオートロックのため後日、現地で不動産屋と待ち合わせて内覧をさせもらうことになりました。

ものすっごい人相の悪い、いかにも悪い人っぽい人が立っています。

・・・げっ、まさかあの人じゃないよね?

電話をすると、手をあげました。

 

グワー!!!無理ー!!!!(心の声)

ぶぉ~~変な汗が出る音。

できればこいつから買いたくねぇ!!!(;´Д`)

 

名刺を交換しました。

前のヤバイ担当者が部長ですが、彼は副部長となっています。

前の担当者は誠実そうに見えましたが、彼は見るからに悪いです・・・・。

さんざんばら揉めたあの事を会社内の他の人間が知らないはずはないのではないのだろうか・・・。まぁ3年前になるし、仮に見聞きしていたとしても名前などは憶えていないだろうが・・・。

 

私は、賃貸法人の名刺ではなく本業の方の名刺を渡しました。

ちなみに、賃貸法人は、今年住所と名前を変更しているので普通に交換してもバレないかもしれませんでしたが・・・。

その不動産屋の前に腰の低そうな男性がたっています。

その方が案内してくれるようです。

物件の天井、付属物の状態などそこまで見る?というところも見ました。

物件には貯水槽が残っているものの、直圧に切り替えており使用していないということと、H24年頃に大規模修繕を行ったということでした。比較的綺麗に管理されていて、錆びや、塗装の剥がれなどもなくスッキリしています。

空室の空いている部屋には不動産屋らしき女性がたっており、不動産屋の出る幕はありません。

こんなんだったら、

最初からついてこなくてもいんいじゃないの(;´Д`)

 

 

売主サイドからの話

腰の低い男性が売主さんなのかと思い、売主さんなのかときいたところ、その方はこの物件の値段を付けた人だとのこと。不動産鑑定士なのかな?

売主さんは地主さんで高齢になったということで、このあたりに持っている物件をまとめて手放したいということらしく、一括売却のためにその鑑定士さんと管理会社さんが前に出て物件の説明や現地の質疑応答などをしているとのことでした。

売り出し自体は今年の4月頃から出したらしく、元々1億1000万で売りに出したそうです。ただ、この物件だけが売り出した物件の中で既存不適格ということで融資が付かず、誰も買うことができなかったそうです。金額がこんなに下がってしまったとのことで、鑑定士さんがちょっとしょんぼりして見えました。

個人ではなかなか無理な金額なので一括キャッシュで買ってもらそうな法人か、そもそも法人に声をかけていたそうです。

 

ひょっとしたらこのあたり、最近更地にしたり新しい建築物がものすごく建ってきていたのでその関係だったのかもしれない。

これは売れ残りなのですね・・・。

 

・・・まぁ、現状利回り的にはそれほどおいしくはないですが、駐車場も3つあいてますし、部屋の金額ももう少し高く取れそう。立地と物件の状態は良く、仮に手残りが少なくても入居付けには苦労しなさそうです。

 

融資を受けると言った段階で売主サイドと仲介業者に諦めの色が見えました。

「買付書は書いても融資が出ないと意味がないので融資が通りそうなら連絡をください」とのことでした。

 

メインの法人で減価償却目的での入手もいいし、賃貸法人で持っていたとしても失敗はしなさそうな物件です。

 

4月に物件を買ったばかりなのでどうなるかわからないですが、

心当たりのある銀行へ声をかけてみることにしました。

 

・・・さぁ、既存不適格物件に融資をしてくれる銀行はあるのか?!

 

銀行に問合せをすることにしました。