『タカボンのパパさん…戸建てではなく集合住宅に興味ありませんか?』

豆乳信用金庫(仮名)担当者さんから突然の質問に言葉が出なかった

 

 

融資をお願いしていた物件が売れてしまったと

面談で報告(お詫び)に

その際、これから千葉県で不動産を購入するなら松戸市がお薦めですよとオフレコでアドバイスをいただき

言われた通りに面談後そのまま松戸市へ足を運んだ翌日

 

『あの後…さっそく松戸市を見に行ってきました!すごい大きい街で驚きました…』

 

信用金庫の担当者トミーさん(仮名)へ連絡を入れ

その日のうちに現地を見に行って来ましたとアピール報告

もちろん大手の不動産屋さんではなく

地元密着型と思われる不動産屋さんをチェック&飛び込み訪問してきましたと

 

『もう行ってきたんですか⁉︎動きが早いですねー(笑)』

報告がてら

なんだかんだと雑談をするなかで

ふいに

 

『タカボンのパパさん…戸建てではなく集合住宅に興味ありませんか?

今回(融資を打診していた白井市の戸建て)は残念でしたが、

今後も安定した不動産賃貸経営をお考えならそっち(集合住宅)のほうが良いのかなと。

今のうちでしたら…物件資料と謄本(または公図)を貰えれば僕が直ぐに稟議あげますよ。

あっ、もちろん物件しだいですが(爽汗)』

 

ママママジスカ(大汗)

突然の質問に言葉を失う

 

まず最初は戸建てを3つ

いずれはアパートマンションを所有して

ゆくゆくは不動産王…と考えていたところに突きつけられたリアル(現実)

時間は有限です

いま所有されている物件の出口をお考えですか?

 

不動産賃貸経営は血液と一緒

常に循環していないと死んでしまいます

 

ご自身物件年齢を考えて

何がベストなのか判断していけばよいかと思います

 

電話を切ったあと

あらためて自分のこれからを考えざるを得なかった

 

今年42歳

世間では“不惑”と言うらしい

この言葉がここまで似合わない男はそうはいない

日々悩み、戸惑い、決めあぐねる

 

そんな困惑の42歳に

大凶不動産(仮名)から更に悩みが増える着信があった

『鎌ケ谷市で2000万円台のアパートが売りに出ていますが…如何でしょうか⁉︎』

つづく