こんばんは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日も、不動産賃貸業で注意すべき銀行知識をコラムに書いていきたいと思います。

今回は、借金(債務)の相続です。

1.借金(債務)の相続

預金や不動産などの「資産」と同様に、銀行などの借入金である借金(債務)も相続の対象になるため、「資産」と同様に、誰にどのくらいの借金を負担させるかを相続人間で決める必要があります。

不動産に紐付きの借り入れであれば、不動産を取得する相続人が債務も引き継ぐケースが通常だと思いますが、相続人間の協議により、債務を別の相続人が引き継ぐことも可能です。

また、例えば、借入は法人で行っており、代表者がその借入を個人保証している場合には、この個人保証も相続すべき債務となります。

2.借金(債務)の相続の注意点

ただし、借金(債務)の相続の場合には、相続人間の合意で誰に借金を相続させるかを決めることはできるものの、お金を貸した銀行側には、この合意を拒否できる権利があることには注意が必要です。

このため、金融機関で認めない限りは、自由に借金を相続させることは実質的に不可能であり、金融機関としては、共同相続人全員に借金の返済を請求できる状態になります。

特に、不動産の価値が借入金額よりも高い場合には、基本的には相続人の合意を尊重するケースが多いと思いますが、不動産の借入金額よりも低い場合には、相続人の合意とは異なった債務の相続方法を求められるリスクがあります。

3.債務の相続への準備

債務の相続の場合にも、法人で債務を持つ場合(代表者の保証債務の相続)、法人の代表者が保証債務を引き継ぐのであれば、それほど同意を得られないということはない考えられます。

個人の債務の相続の場合には、あまり取りうる手段は少ないものの、しいて言えば、相続人間でトラブルを起こさないこと、普段から銀行の担当者と誰に債務を相続させるかについてコミュニケーションをとっておくことかと思います。

4.おわりに

債務の相続で困るのは、あなたではなく、あなたの相続人たるご家族です。

死んだ後のことの責任はとれないものの、可能な限り、相続人が苦労しないように準備をすることが何よりも大切なことかと思います。

(ご質問や感想などお気軽にコメントください。)