こんな話があったことを皆さんは覚えていますか?

 

 

買い付けを入れたものの実力タッチの差で購入出来ず

そのとき内見に立ち会ってもらった不動産屋さんから

はげしく落ち込んでいる私を見るに見かねてなのか

 

“タカボンのパパさん…実は今度、千葉県船橋市で古家を預かる予定なので、

資料が出来次第、一般公開に先駆けてご紹介させていただきますね(汗)”

その後しばらくの間

不動産屋さんから連絡が無かったので

 

不動産屋さんの査定価格200〜300万円のところ

売り主さんの希望小売価格400万円だったことから

 

折り合いがつかず話がまとまらなかったか

また他の投資家さんが購入してしまったのかなぁと思っていた

 

そんなある日

止まっていた歯車(物件購入)が大きく動き出した

 

スマホに東京タラレバ不動産(仮名)のジュニアさんから1通のメールが

その内容たるや…うおぉーと声が出てしまうレベルの代物だった

 

『タカボンのパパ様

お世話になっております。

以前お話しした、船橋市三山2丁目の戸建て資料をお送りします。

こちらの物件ですが、築年数が古く、駐車場が無いのがネックです。

 

販売価格は○○○万円ですが、今であれば○○○万円までなら指値は可能です。

ポータルサイトには来週から掲載を予定しております。

 

住所は船橋市三山○-○○-○になります。

添付パスワードは自動送信になります。

添付資料はスマホからは開かないかもしれません。

東京タラレバ不動産 ジュニア(仮名)』

※まだポータルサイトには掲載されていない為、価格は伏せてあります。

メールの内容を15回くらい見返して

この内容は紛うことなき未公開物件の紹介であると確認してから

東京タラレバ不動産(仮名)のジュニアさんに電話

 

『…世話になってりますっ!

ール拝見させていただきっ…さっ、さっそくです

本日の夕方、現地を見行きたい思い!』

興奮しているせいか

早口になるわ

滑舌が悪くなるわで…やべえ奴だと思われただろうな(汗)

 

『そうですか。

せっかく現地に行かれるのでしたら、

夕方でしたら私も都合がつくので、

一緒に建物の中もご覧になってみませんか?』

 

つづく