みなさんこんばんは。

 

最近本業の方でもしかして?と思ったことがあったのでシェアしてみたいと思います。

 

先日本業の方で複数物件の清掃の見積もり依頼があり、依頼者にお会いしたのですが個人で物件を管理されているというので、オーナーさんなのかなと思っていました。

 

はっきりとは言われなかったので、一部推測の域を出ないのですがどうもオーナーさんから個人で管理を委託され、物件の管理人として顧客対応と客づけだけを担当されているんだそうです。
(オーナーさんと個人的に仲良しとかかも?)

また、清掃やその他のことについては基本的にオーナーさんと直接契約ややりとりをして貰えば良いとのことだったのですが、キックバックを毎月くださいとのこと。

個人だと「ん?」思うのですが、法人だと普通ですよね。

 

法人だと、元請け、下請けの概念がありますので、そこに当てはめると

個人の方が元請け、当社が下請けの扱いになります。

でも、元請けとなると何かあった時には一次クレーム対応に走るのは元請け(実際の手直しなどは下請けでも)になりますし、クレームをくらうのも元請けになります。

そのかわり、お客さんに対する金額には下請けが出した金額にいくらか上乗せされています。

キックバックか、上乗せするかの話になりますね。

物腰の柔らかい人だったので、個人的に気に入られるタイプでしょうし、

オーナーさんが「お前うちの物件の面倒見てくれよ!」というのもわからなくはありません。

水漏れ対応、リフォームの発注なども基本的にオーナーさんから委託を受けて業者に発注する形式を取られているみたいですが、多分全てキックバック方式かもしれんなぁ・・・と思いました。

まぁ、対外的には直接オーナーさんとやりとりしてもらっているのでオーナーさんとしては彼の取り分が金額に乗っていると思っていないでしょうけどσ^_^;

 

応用するとこんなこともあり?

今までの経験から管理会社や不動産屋に委託するにしても担当者っていつも同じになってきます。

そうすると、管理会社に委託しているけど、その担当者に直接依頼しているのとあまり変わらない気分に「は」なります。

だからといってその会社の管理委託契約を終了して、担当に直接依頼をする・・・というのは道義的にはどうかと思いますので、大家さん的発想で考えてみました。

(この方は不動産免許は持ってるけど、仕事としていているわけではなく、個人でオーナーさんのお世話をしているとのことでしたので本業は不動産屋ではないようです。昔不動産屋だったとかなのかな??)

 

たとえば、

①そのマンションごとに一人、入居者の中で管理人さんを選出する。

②その方に月1万円でも管理料として支払う。

緊急対応が必要で現地に走らないといけない時には1次対応でその入居者に走ってもらって状況を報告してもらう。(電球の交換、ゴミの処理などの軽微なものは管理料内で対応してもらうようにお願いする)

③業者対応が必要な時は改めて自分の業者に走ってもらう。

これだと自分の業者を走らせるのでキックバックは発生しないと思われます。もっというと、こういう時はこの業者と決めた一覧のようなものを管理人さんに渡しておけばスムーズですね。

入居者の中で清掃を委託するというのも実際にあるでしょうし、それもアリですよね。

ある程度年配で年金生活だったり、長期入居者などだといいかもしれませんね。

 

新たな管理手法なのかも?

以前ジモ○ィで、「物件管理引き受けます。1棟5000円で」

なんて投稿を見かけたことがあります。

その当時は個人だし安すぎて大丈夫かなと思ったんですが、上の方のようなこういう形式なのかもしれないですね。

ただ、全然知らない人にいきなり頼むのは心配ですが、それこそ大家の会などで、物件に近い大家さん同士がお互いの物件管理を担当し合うようにすると良さそうだなとは思ったことがあります。

大家さんが大家さんに物件管理を委託する・・・なんてシステムがあるといいかもしれないですね。

物件を所有していない管理会社の担当よりは信頼できるのではないでしょうか・・・。

物件規模にもよるでしょうが、毎月のようにトラブルが発生するわけでもないですし。

特に同じエリアの物件って築年数もだいたい似通っていますし、こういうのもありかなと思ったできごとでした。

 

既にこういった活用をされている大家さんも多くいらっしゃるでしょうね。

 

お読みいただきありがとうございました(*´ω`*)