画像はグレンモーレンジィ 18年

※本コラムは不動産投資家のるろうにくん(投資侍ではない)とまーくん(リーマンまさゆきさんではない)とかずみママ(二代目大家かずみさんではない)が酒を飲みながらホンネトークをする企画です。酔っ払いのおっさんとマダムが語る完全なるフィクションであり、99%不正確な内容が記載されております。また、登場人物はすべて架空の者であり実在する者ではございません。しかしながら、内容は不動産コラムですので何卒ご理解ください。

※全7回の連載コラム第4弾、、、のはずが久しぶりの飲み会が盛り上がりすぎて二次会に行くことになったので全8回の連載コラムとなりました。ちゃんと夜8時までには帰ります。

1.本日の一杯

るろうに「かずみママ、ばんわー」

まー「おっ、るろうに久しぶりじゃん。」

るろうに「あっ、年収1千万ちょいの高属性サラリーマンが最初に1億後半の節税物件を買っちゃって、築古坪7千円前後しか取れない再利用可能性の低いエリアなのにバカでかい物件で流動性が絶望的なほか、6年で減価償却が終わるのに債務償還年数が18年という超絶クソ物件を持っているまーくんじゃないですか、お久しぶりですねー。」

まー「お前もう帰れwww

かずみママ「るろうにくん久しぶりなのに相変わらずの毒舌なのね。」

るろうに「久しぶりなので読者の方にまーくんの自己紹介を織り交ぜながら挨拶をしただけですよ。」

まー「何だかんだまた1年近く消えてたけど何してたのよ。」

るろうに「本当はほとぼり冷めたらもうちょい早く帰ってくる予定だったんですけど、思っていた以上に仕込みに時間がかかっちゃったんですよね(ゲス顔)

かずみママ「あらまた悪い顔して。あんまりお痛しているとまた怒られちゃうから気を付けないとだめよ。」

るろうに「反省してまーす。

まー「反省ゼロだな。」

かずみママ「最近全然るろうにくんが来てくれなかったからマッカランが切れちゃってて、今日はこのお酒でどうかしら。」

るろうに「グレンモーレンジ18年じゃないですか。このスコッチも大好きですよ。正直マッカランの種類によっては飲み比べても分からないかもしれないですw」

まー「見た目が同じでも中身が全然違うこともあれば、見た目が違っても中身がほとんど同じっていうこともあるからな。」

かずみママ「そうね、不動産投資でも同じことが言えると思うわ。」

るろうに「じゃあ今日は年収1千万ちょいの高属性サラリーマンが最初に1億後半の節税物件を買っちゃって、築古坪7千円前後しか取れない再利用可能性の低いエリアなのにバカでかい物件で流動性が絶望的なほか、6年で減価償却が終わるのに債務償還年数が18年という超絶クソ物件を持っているまーくんを交えてそのテーマでお話ししましょうか。」

まー「おい、しつけーよwww」

2.同じようで全く異なるもの

るろうに「まーくんは最近の不動産投資はどんな感じなんですか?」

まー「おう、俺は拡大路線から堅実路線に変更して繰上返済し始めているところよ。何たってコロナの影響で不動産市況の将来が不透明だからな。」

るろうに「うわーーーー・・・・

かずみママ「るろうにくん、そんな失礼な顔でまーくんのことを見ちゃダメよ。顔に出てるわ。」

まー「かずみママ、こいつの無礼は今に始まったことじゃないですよ。いーか、俺のプランを教えてやるよ。2019年に三棟目の築古物件を購入してそいつを繰上返済してキャッシュマシーンにすればガンガン返済が進んでいって財務が強固になるっていう寸法よ。二棟より三棟の方が返済が早いからな。」

るろうに「うわーーーー・・・・

かずみママ「るろうにくん、そんな失礼な顔で(ry」

るろうに「だってかずみママ。例えば、7000万円、利回り10%の物件を10年で繰上返済して無借金になっても、11年後からは700万/年の収入が入りますが、先に繰上返済して払ったお金を後から回収しているだけですよね。つまり、端的には先に7000万円払ったものを10年間かけて700万/年で返してもらっているだけですよ。これのどこか財務強化になるんですか。ただの行って来いじゃないですか。」

まー「会計上の効果がないことなんて百も承知よ。真の目的は三棟目の返済を終えてキャッシュマシーンを作ることだからな。」

るろうに「うわーーーー・・・・

かずみママ「るろうにくん、そんな失礼な顔で(ry」

るろうに「まーくん、投資における『キャッシュマシーン』っていう意味をもう一度ちゃんと考えた方がいいですよ。まーくんの言っていることはキャッシュマシーンとは言わないです。」

まー「あ?じゃあお前の言う『キャッシュマシーン』って何よ。」

るろうに「答えを言うと面白くないのでヒントだけ上げますけど『キャッシュカウビジネス』と『やっとキャッシュが出るようになったビジネス』は同じようで天と地ほどの違いがあります。まーくんのやろうとしていることは後者ですよ。」

まー「意味わかんねえな。それでも一般的には借金を完済した物件を『キャッシュマシーン』って言ってるだろ。天下の楽〇コラムニスト様を見てみろよ。」

るろうに「それってコラムニストが押し並べて『キャッシュマシーン』というものを理解していないだけですよ。周りの人が言ったことを何も考えずに信じて、村ではそれが真実になって、天動説が通説になったのと同じ理屈ですね。」

3.強者の筋トレとデ〇のダイエット

まー「お前は色々言うけどよ。繰上返済投資法は会計上の効果はなくても万蔵さんが実践している確固たる実績のある投資法なんだよ。おめーの理屈っぽい口だけの投資とは訳が違うっていうことはそろそろ理解しろよ。」

るろうに「うわーーーー・・・・

かずみママ「るろうにくん、失礼な顔を通り越してゴミを見るような目で見ちゃダメよ。」

るろうに「だってかずみママ。この神格論争って3年前にコラムに書いて、1年前にもコラムに書いたのにまだ持ち出すんですね。」

まー「そりゃ、万蔵教と言えば不動産業界の一大勢力だからな。お前のようなエセ侍とは違うのよ。」

るろうに「じゃあ、今日はワタクシがその神格論争を一言で終わらせますよ。もう終わりにしましょう。」

かずみママ「あら、るろうにくんも大きく出たわね。ちなみに腰の刀に手がかかってるけどお店の中で振り回しちゃダメよ。」

るろうに「かずみママ、安心してください。お店の物には一切傷を付けずに首だけ飛ばしますから。」

まー「おい、刀抜く気マンマンじゃねーかw」

るろうに「そもそも万蔵さんが優しすぎると思うんですよね。万蔵さんはちゃんと理解しているのに、周りの善意の愚者が勝手に神格化して自分のクソ物件の尻拭いを正当化するために万蔵さんを引き合いにしているんですよ。でも万蔵さんは謙虚だからいつもこんな感じじゃないですか。

 

表万蔵『私の投資手法は効率が悪いことは分かっているし、他人にオススメができるものではないです。でも自分にはこれが一番性に合っているのでこれでいいんです。』

 

万蔵さんが良い人過ぎて邪悪な自分が生きててちゅらい。。。」

かずみママ「万蔵さんはいつも紳士で言葉遣いも優しいから好感度高いわよね。るろうにくんとは偉い違いだわ。」

まー「お前も万蔵さんの爪の垢でも飲ましてもらえよwww」

るろうに「でも、万蔵さんも勝手に神格化されて、しかも投資手法について誤った認識を持たれているから何度も何度も説明してくれているのにまーくんみたいに全く理解しない人達が多すぎるから、そろそろブチ切れると思いますよ。」

かずみママ「万蔵さんがブチ切れるなんて私には想像もできないわ。」

るろうに「しょうがないですね。万蔵さんの本心をワタクシが代弁してあげますよ。

 

裏万蔵『俺様の崇高な筋トレとお前らデ〇のダイエットを一緒にしてんじゃねーよ、バーカm9(^Д^)プギャ―!!』

 

って先日万蔵さんがお風呂で叫んでいるのを偶然聞いてしまったんです(真顔)

かずみママ「るろうにくん、嘘は止めなさい。」

まー「お前の人格クソ過ぎるなwww」

るろうに「比較されると生きててちゅらい。ワタクシの心の平穏を保つために万蔵さんの人格はクソであって欲しいと心から願ってます。」

まー「で結局お前の神格論争の結論って何よ。」

るろうに「これでもまだ分からないんですか?

要は筋肉質で本来繰上返済をする必要がない万蔵さんが行う繰上返済と、まーくんみたいにクソ物件を買いまくって財務がボロボロになって将来のリスクが高まっている人が行う繰上返済同じ繰上返済でも全く質が異なるということです。」

かずみママ「要は筋トレに例えるならアスリートで更なる高みを目指してジムで筋トレしている万蔵さんマジで成人病になる5秒前のまーくんがダイエットのためにジムで筋トレをすることは、同じジムでの筋トレであっても目的も内容も必要性も違うということね。」

るろうに「そうそう、正にその通りです。」

まー「は?俺だってそれくらいのことは当然分かってるぜ。それを承知の上での繰上返済でこれから万蔵さんを目指して筋トレをガンガンやっていくのよ。」

るろうに「それがダメなんですよ。正直にコラムで

 

『クソ物件を買ってしまってこのままだと将来破綻しかねないので今は必死に繰上返済して財務改善をしていきたいと思います。』

 

って書けばいいのに何で

 

『本来会計上の効果を考えると繰上返済の効果はないのだが拡大路線から堅実路線に転向することが将来の不動産市況のリスクを考えると懸命と考えて万蔵さんをお手本に繰上返済を行ったのである。』

 

とかどこぞの意識高い系みたいなコラム書くんですかねwwwこれっていらんプライドだし、どこぞのマネタイズ投資家とやっていることが変わらないですよ!」

かずみママ「あら、実態は同じであっても書き方によって印象が180度変わるものなのね。」

まー「おい、書き方に悪意ありすぎだろwwwでも俺だって万蔵さんみたいにムキムキになる日も遠くはないぜ。」

るろうに「まーくんは万蔵さんにはなれませんよ。それってガ〇ガリガリ〇ソンが筋トレしてイ〇ローになりますって言っているようなものです。今のままだとまーくんは万蔵さんに永遠に届かないです。」

まー「は?何でだよ。」

るろうに「それはもう何度かコラムに書いたので同じことを説明するのは省きます☆(ゝω・)vキャピ

かずみママ「あら、ろろうにくんも最近不親切になってきたのね。」

るろうに「不親切っていうかちょっとは自分の頭で考えてもらった方がいいかなと思って。それに昔から同じですよ(ゲス顔)

まー「お前がゲス顔しているときは碌なことにならない。」

かずみママ「そうね、心配だわ。ちゃんといなくなる前に仕入れたるろうにくん用のお酒は飲みほしていってね。」

るろうに「はーい、今度いなくなるときはできる限りちゃんと伝えていきたいですね(ゲス顔)」

まー「今日は顔がゲスいなw」

かずみママ「あら、結局神格論争を一言で結論付けるとどうなるのかしら?」

るろうに「デ〇は痩せろ 以上

まー「おい、異論は認めろよwww」

かずみママ「結局繰上返済の話しかできなかったわね。じゃあ今日は久しぶりだから二次会でどうかしら?でも緊急事態宣言中だからお店は8時までね。」

るろうに「しょうがないですね。今晩は付き合いますよー。」

 

(一次会の内容を基礎に本論の二次会につづく)