こんばんは、サラリーマン大家のTAKAです。

お久しぶりの登場です。何を書こうか思案した結果、新たに金融機関から融資を受けてサラリーマン大家になるために必要なことについて、コラムを書いていきたいと思います。

本日のテーマはアパートローンとプロパーローン

1.融資の種類

金融機関が行う融資を性質により分類しようとすれば、いくつかの分け方ができますが、不動産物件への融資に関していれば、アパートローンとプロパーローンという分け方が一般的かと思います。

まずは、そもそもアパートローンとプロパーローンとはどのようなものなのかを説明していきたいと思います。

2.アパートローン

アパートローンとは、金融機関があらかじめ、融資対象物件のスペック(立地、築年数、担保評価額、利回り等)であったり、借入者の属性(年齢、職業、保有資産、借入残高等)などについて、あらかじめ条件を定めその条件に当てはまった場合に、一定の融資条件(借入金額、融資期間、金利等)で融資を行うという商品になります。

あらかじめ条件が定められているため、融資を受けられるか否かの基準がわかりやすいといった特徴があり、基本的には、一部でも条件を満たせなければ融資を受けらません。

(実際には、一部条件に合わない場合にも、金利や借入期間などの条件を厳しくして融資が行われることもなくはないですが、基本は条件に当てはまることが重要です)

3.プロパーローン

プロパーローンとは、金融機関が、融資対象物件のスペックや借入者の属性、借入者が希望する融資条件、またその金融機関との過去の取引ぶりなどを総合的に勘案し、融資可否が判断される融資のことをいいます。

融資条件や基準については、一応は金融機関内の目安はあるものの、支店であったり、審査部門の裁量により、融資可否が判断されるため、オーダーメード型の商品といえます。

4.これから不動産を買うサラリーマンが狙うべきは?

多額の金融資産がある、親族が金融機関とコネがあるといった特別な場合を除けば、いきなりプロパーローンをうけることはまずできません。

(金融機関のスタンスは基本は一見さんお断り、どこの馬の骨ともわからない者には手間をかけて融資は行わないと思ってください)

このため、まず融資を受けて、不動産を買いたければ、アパートローンでの融資獲得を目指すのが定石となります。

5.おわりに

サラリーマンが、融資を受けて不動産を買うにアパートローン!と主張していますが、融資を受けずに物件を買えるのであればそれでよいと思います(築古戸建てや中古ワンルームであれば、融資を受けないとううのも有力な選択肢です)。

仮に何か大きなトラブルが発生しても、基本融資の返済は待ってはもらえないので、最悪破産するリスクがあることをしっかり考えてください。

そのリスクをしっかり考えることが、融資を受けて物件を買うための第1歩だと考えます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ご質問や感想などお気軽にコメントください。