こんばんは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日も、新たに金融機関から融資を受けてサラリーマン大家になるために必要なことについて、コラムを書いていきたいと思います。

本日のテーマはアパートローンを借りる時の割り切りです。

1.アパートローンの割り切り

アパートローンは、ある意味パッケージ商品のため、融資金額(割合)であったり、金利などの条件面の自由度が低くあまり交渉をしても良い結果が得られない可能性が高いといえます。

(交渉するのは自由ですが)

このため、プロパーローンのような、1%台での借入やフルローンといった夢を見るのはあきらめましょう。

少し高めの金利で一部頭金を入れる必要があるといったことを念頭に自己資金を貯めたり、収支をシミュレーションすることが大切です。

2.融資対象物件

通常の融資であれば、融資対象ありきで融資してくれる金融機関を探すといった行動が定石ですが、アパートローンで融資を受ける場合には、アパートローンの対象となるような物件物件を探す方が効率的であるといえます。

融資の条件が変わらないので、立地であったり、築年数、利回りといった条件を満たす物件を探すといった通常とは逆の動きとなります。

このあたりは、投資物件を得意とする不動産会社がノウハウをかなりもっているので、そういった不動産会社を探すのも一つの手だとは思います。

3.注意事項

かならずしもアパートローンの対象となる物件が良い物件とは限りません。

アパートローンで融資を受けられたとしても、破綻するときは破綻します。かぼちゃの事例などはちょっと極端な例ですが、似たようなことは身近にあふれています。

このため、とにかく買いたいという気持ちが強いと足元をすくわれるため厳禁です。

4.おわりに

アパートローンで融資を受けること考えると、とにかく自分の目線にあった良い物件を探し融資をつけるという意識よりも、融資を受けられる物件のなかから物件を探すといった割り切りの姿勢が必要かと思います。

少し邪道な気はするものの、現実的にサラリーマンが融資を受けて投資物件を買うには多少の割り切りが近道なのです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ご質問や感想などお気軽にコメントください。