こんばんは、サラリーマン大家のTAKAです。

本日も、新たに金融機関から融資を受けてサラリーマン大家になるために必要なことについて、コラムを書いていきたいと思います。

本日は融資を受けられる属性です。

1.アパートローンと属性

サラリーマンがアパートローンを受けるために何よりも大切なのは借入を行う方の属性です。

この属性が良いものであれば、かなりアパートローンを受けやすくなり、一時期は物件の良し悪しよりも重視された時期もありますが、かぼちゃ以降はたとえ属性が良くても属性のみでアパートローンを組むのは難しくなっているようです。

2.ネガティブな属性

そもそもな属性面で融資NGとなるのが以下のような場合です。

・サラリーマンになって間もない

・年収額の増減が大きく不安定

・クレジットカードなどで延滞歴がある

・過去に逮捕歴がある

・反社

これらに該当する場合には、そもそもアパートローンが組める属性の要件を満たさない可能性があるので融資は難しいといえます。

3.ポジティブな属性

以下のような属性を持っている場合にはアパートローンが組みやすいといえます。

・東証1部上場企業やそのグループ企業勤務

・公務員

・安定した年収があって勤続年数が長い

アパートローンという観点からは上記のような方は比較的ローンは組みやすいと思われます。

例えば、士業であったり、地主属性である場合には、アパートローンよりも有利な条件の専用ローンやプロパーローンが組める可能性があります。

4.おわりに

アパートローンを組むのに属性の要件を満たすのは必須の条件といえるため、もし属性が良くない場合は別の道(例えば、現金を貯めてアパートローン以外で融資してくれる金融機関を血眼になって探す等)を探すほうが早いかもしれません。

また、「安定した年収」のバーは意外と環境により上下(緩い時期であれば、年収400万円ほどでも融資可能だった時期もあったりしたようです)するので、時期を見て申し込むのも良いかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ご質問や感想などお気軽にコメントください。