みなさん、こんにちは、こんばんは、お疲れさまです。

プロマネ大家です。

今回は「不動産屋さんのご担当者にご挨拶」でお話しさせてください。

■不動産屋さんの新しいご担当者にご挨拶

最近の不動産動向について情報収集もかねて、わたしは不動産屋さんのご担当者に電話しました。

「もしもし、プロマネ大家です、最近いかがですか~」

今年6月にご挨拶したばかりの新しいご担当者で、前職が金融関係にお勤めの方だったのですが

「はい、わたし不動産屋さん辞めて、今は保険屋さんの仕事に戻っているんですよ!」

「あれ?そうなんですか😅」

ここで、いろいろお話を聞いたのですが、不動産の営業は仕事量が多いし、土日仕事だし、契約が取れないと給料がきついし、厳しい世界だなと思います。

(わたしが不動産営業やったら、すぐクビになりますね💦)

ということで、また不動産屋さんに連絡して新たなご担当者を紹介してもらうことになりました。

 

ご挨拶してから、一通りわたしの探している物件の希望をお伝えするのですが、

今の市況では、やはり厳しいですね、担当者のテンションも低いです・・・

 

そして・・・

■3.5畳の極小賃貸物件の話題を出してみた

「ところで、東京3.5畳のような極小賃貸物件についてどう思いますか?」

ここは郊外の不動産屋さんなのですが、東京23区や都心の物件なども、いくつか扱っている様子だったので聞いてみました。

 「杉〇区の高○寺でやっている方がいらっしゃいますよー」

 「平均入居期間は短いみたいですねー(6ヶ月で入れ替わるとかざらにありますよ)」

 「金融機関は極小賃貸物件に対しては、融資が厳しいですよー」

という感じのコメントでした。

 

「よし、じゃあ都心の極小賃貸物件をいくつか紹介しましょうか!」

という流れになって、物件見れるかなと思いきや、そうなりませんでした💦

 

郊外の不動産屋さんだから、あまり情報も無かったのでしょうね。

 

前回コラムでみなさんのコメントから、わたしも今後もし機会があれば、1度くらい東京都心/23区内で不動産投資やってみたいなと感じました。

(ただしわたしの馴染みある郊外とはエリア特性が違うことが分かりましたし、勉強はしなきゃです)

それで今後、範囲を広げて情報収集していきたいと思います!

また何か気付きがありましたら、みなさんにお伝えいたします。

■話し合った物件

そして話はいつもの郊外の物件に戻って、

「郊外の物件ですが、こんなのどうですか?」

と言われ、新築アパートについて対話した内容が概ね以下のようなものでした。

  ・これから作る新築アパート

  ・5,600万程度

  ・各駅しか停まらない駅

  ・徒歩20分程度

  ・各部屋25㎡程度 × 6 プラン想定

郊外なのに各駅しか停まらない駅で徒歩20分では・・・

でも、担当者と対面で対話しながらコミュニケーション深め、また信頼関係を作っていきたいと思います。

 

みなさんは不動産営業の担当変更などで、また一から信頼関係を築くとかありませんでしょうか?

 

 

最近は、なかなかいいなと思う物件が見当たらないですし、

 

「本当に、なんだかなーだよね」

 

今回は「不動産屋さんのご担当者にご挨拶」でした。

一例としてご参考になれば幸いです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!