前回の反省

前回「節税派と利益計上派、拡大に向くのは?」というタイトルで、利益を出した方が良いのか、節税で現金を残した方が良いのか問題について書いてみました。

理屈としてはだいたい、そこで書いた使い分けで間違いないとは思っていますが、ちょっとリアルに「利益出しといた方が良いなぁ~」って実感させられることがあったので、書きますね。

融資打診中

現在、新築の融資打診中です。

もう、(実質上の)最後の最後って人までたどり着いているのですが、その人の審査中に事件があったんですよね。

 

その事件とは、わたしの法人の決算書が出来上がったこと。

決算書の中身は

決算書の中身は赤字にはしていないのですが、黒小さめな感じです。

前期取得した物件の不動産取得税をがっつり払っていたり、レンタルスペース事業の立ち上げ費用が一時的に掛かっているため、利益が伸びにくい状況でした。

加えて、いろいろ勝負所って判断してたので、現金がなるべく残したい雰囲気を出してました謎

 

そんなこんなで、まあ、利益が小さかったんですよ。

利益と負債の関係を指摘される・・・

で、担当者から連絡がきました。

銀行員

「いや~この決算書はいかんですよ。利益出るでしょw

みたいな感じで。

ふくふどう

「え、何か問題あります?いちおう黒字だから大丈夫じゃないですか?一過性の費用が多いし」

銀行員

債務償還年数的にまずいです。本部が問題視しています」

 

この辺で、ちょっとヤバいかな~って雰囲気をやっと気づいてきた(遅いw)んで、ちょっと巻き返そうと頑張ります。

ふくふどう

役員貸付金を資本として計算してくれてます?それに一過性の費用も控除しないと、返済余力を見るっている債務償還年数の趣旨から外れますよね。レンタルスペース事業もこのまま順調にいけば、負債に依存しないCFが増加するので、弊社の返済余力を高めるはずです。」

 

銀行員

「とりあえず、一過性の費用の内訳と、今後の事業見通しをまとめた資料を依頼させていただきます

って感じになりました。

 

この担当者は、こっちに資料を要求するときも「悪いんですけど●●みたいなの作れませんかね~」みたいな控えめな言い方をするのですが、今回のは「・・・依頼させていただきます」ですからねw

言葉のニアンス的に厳しい雰囲気でてますw

 

この連絡を受けた後、19:30帰宅、23:00くらいまで家族の段落および休憩(ダラケてるだけw)してから、夜中の2時頃まで掛かって資料作成をする羽目になりましたw

 

最初から良い決算にしとけば、こんな苦労は無いですからね。

良い決算にして、CF圧迫しても、楽に借り入れられれば、結果的に資金繰り改善するので、拡大を目指すならやっぱ良い決算が良いですね!

とりあえず、いろいろ大変でした涙