こんにちはサーファー薬剤師です

実は私、不動産投資をする上でかなり衝撃を受け、常に参考にしている書籍があるのですが

それは残念ながら不動産投資の本ではありません

それは!?

  ・

  ・

  ・

竹田陽一さん著の「ランチェスターの法則」です

これはビジネス本で会社経営に関する内容なのですが

一部ご紹介させて頂きますと

弱者は競争が少ないニッチ(隙間産業)を攻めろ!というもので

大きなマーケットは資本力がある強者の戦場。

そこで弱者が戦いを挑んだところで負けは明白

弱者は強者が狙わないような小さなマーケットで

ゲリラ戦だー!

 rannbo

一部盛ってしまったところもありますが、このような事をおっしゃっていました。

これを不動産投資で考えてみると

都内など人口が多いエリアでは資本力がある、ファンドや高額所得者、大物投資家など強者のフィールド。

しかもプレーヤーが多い都内では競争が激しく、しかも勉強されている投資家さんがひしめいています

そこで

資本力の無い私のような弱者は地方を攻めろ!

しかも供給が多いアパートでは無く、戸建賃貸で攻める。

まさにニッチのさらにニッチを攻めるような投資手法が

地方の戸建賃貸投資!

では無いかと思っています。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。