先日の台風はすごかったですね。皆さんの物件は無事だったでしょうか?

実は私の所有物件の1つに被害がありました。

台風の通過後に入居者さんから管理会社に電話があったそうです。

その被害状況がこちらです。

untitled untitled

なんと台風の影響で木が斜めに倒れてしまい道路にまでせり出してしまいました。

これでは道路を通る車の邪魔になるという事ですぐに業者さんに来てもらいましたが、伐採しか方法がないということで、伐採する事になってしまいました。

伐採後の写真がこちらです。

サンライズハイム施工後1 サンライズハイム施工後2

かなりすっきりしちゃいました(笑)

実はこの木ですが、成長しすぎて2階へ上がる階段を塞ぎ始めていたのでちょうど良かったかもしれないです。こんな事でもなければ思い切って伐採できなかったでしょうから。

 

自然災害へのリスクをどう取るか?

今回は幸いにして、木が倒れた程度で済みましたが、不動産投資をする上で自然災害へのリスクをどうするか考えておく必要があります。

①保険でカバー

保険と言えば真っ先に火災保険が思い浮かぶと思いますが、実は火災保険は契約によって火災だけではなくいろいろな災害に対応しています。

もちろん、今回の台風のような風水害にも対応しています。

次回のコラムで詳しく紹介しようと思いますが、実際に私の他の所有物件で台風の被災によりなんと123万円もの保険金が下りました。

おかげさまで、築20年でかなり痛んでいたアパートの屋根が見違えるようになりました。(私のブログでは詳しく写真付きで詳しく解説しているのでご興味のある方がプロフィールのリンクよりご参照下さい)正直言って被災してむしろ、ラッキーでした。(不謹慎ですいません。。。)

②所有物件を分散する

物件を1つの地域に集中すると、大きな自然災害が発生した場合、所有している全ての物件に被害が発生するリスクがあります。最悪な場合、1つの災害で再起不能になることも考えられます。

このリスクに対応するため私は所有物件を全国各地に分散しています。

なので、万が一1つの物件が被災して深刻なダメージを受けたとしても他の物件からのキャッシュフローでカバーする事が出来ます。

 

たまに不動産投資をしていると言うと、地震があったらどうするの?とか

物件で火事があったり、事故があったらどうするの?と言って

リスクばかりを気にしている人がいます。

 

もちろん、不動産投資にそのようなリスクがある事は否定しませんが、適切にリスクに対する対処をしていけば、そのリスク以上のリターンがあるのが不動産投資です。

リスクばかりを気にする人には不動産投資をオススメしません。

ただし、今の時代将来リストラされるリスクと自然災害に合うリスクはどちらが確率が高いでしょうか?

外資系の会社で数々のリストラ劇を見てきた私はリストラされるリスクの方がよほど大きいと感じています。

 

今回のコラムのポイント

自然災害は保険である程度カバーすることが可能。

所有物件の所在地を分散することで、リスクをカバーすることが可能。

 

読む価値のある人気オススメ過去コラム

物件価格が決まる前の物件情報 〜 川上の物件情報のもらい方

物件を購入してからお金をかけずに利回りを上げる方法

金利交渉で金利が安くなりました。金利交渉の注意点

不動産投資で破産する投資家

不動産投資でサラリーマンをアーリーリタイアするには

こんな物件にもフルローンが出ました。不動産融資に積極的な金融機関

モデルルーム設置で満室に!5万円でおしゃれな部屋に大変身

アパート名を変更して満室に!?こんなに簡単にできる物件名称の変更

半分空いていたアパートを3ヶ月で満室にした管理会社の選定方法

自己資金なしでもRCマンション1棟購入できます。夢のオーバーローン!!

不動産業者さんに聞いた「こんな人には良い物件を紹介したくなる」

買った瞬間に資産が3000万円増える物件を提案された方法①

もし、この記事が参考になったらFacebookでいいね!やコメントを頂けるとモチベーションアップにつながります。コラムの読者さんであれば友達申請 も大歓迎なので下のリンクからお気軽に申請してくださいね。メルマガではコラムでは書けないようなことも配信していますので、ご興味ある方は是非ご登録く ださい。