~このコラムはサラリーマン兼業大家が58歳で退職後、専業大家として法人化9期目も半ばを過ぎた、私の今を綴ったコラムです。~

 

こんにちは、kazu21599です。

 さて、お部屋の漏電遮断器をどうするか、O君にIHコンロを20A200Vのに交換できないか聞いてもらったところ⇒20A200Vではなく15A200Vなら交換できるが掛け率が違うので7万くらい高くなるとのこと

⇒なんじゃそりゃ!市販の20A200Vの60cm2口IH(但し魚焼きグリルなし)7~8万くらいであるのに!、純正の30A200Vの2IHコンロ+ラジアントヒーター(グルル付き)のネット価格が8~9万なのに…15A200Vの純正IHコンロだと15万???(何かの聞き間違い?)

 

 

構成は

1.当初の予算
2.驚きの見積もり額
3.DIYで工事費を下げる算段をする
4.下駄箱外し、壁を壊すと・・・
5.今の間取りを活かし経費節約を考える
6.ほとんど分離発注とDIYでチャレンジ 
7.完成後のお部屋その2

 

 

7.完成後のお部屋その2

①メーカー営業所経由で純正の30A200VのIHコンロを15A200Vのタイプに変えると7万高いとなると、IHコンロは依頼せずにキッチンだけ頼むか、

見積のキッチンはクリナップラクエラという(評価が1位のシリーズ)でいろんな選べるオプションの中で1番安価なラクエラI型キッチン巾2,400mm開き戸タイプだ、

●システムキッチン本体326,000円(IHコンロ30A200V付き・開き戸タイプ)+組立費118,000合計444,000円(税込みだと488,400円)

全体の見積もりが約114万なので、43%くらいがキッチン代だ。

⑴キッチンを設置するための壁面は工務店の大工さんが作ってくれる

⑵配管引き直しとダクト工事は工務店依頼の別職人さんがしてくれる

⑶電気配線はkazu21599が電気工事屋さんに別注する。

となると、これネットで取って自分で組み立てれば15万~20万くらい安くなるのかも

⇒ヤフーショッピングで調べると(2,400mmの標準タイプで推測しながら調べると)上記見積もりと同様な開き戸タイプが約28.8万、ワンランク上のスライド収納だと32.4万、ぬぬぬ、48.84万-(ちょっといいスライド収納にして)32.4万=DIYすれば16.44万の節約になる…施主支給で頼むことができれば16.44万-11.8万=4.46万安くスライド収納扉のキッチンになる。

 

YouTube先生でラクエラ2400mm巾キッチンをDIYしたという動画を見ると意外にできそうな気がする。

(わざわざシステム見積もり出してくれたメーカー営業店には申し訳ないが、悩みどころだ!IHコンロが決まらないので未発注だし、システムキッチンもDIYしちゃおうかなぁ~???)

 

 

➁覚悟を決めて何をDIYするかを再度考えると

●解体作業これは解体する部分をできるだけなくしたので、ほぼなくなった。

●廃棄作業⇒これも和室の畳を築古50年再生物件で再利用したのでほぼなくなり、押入れ棚を壊した廃材や大工さんが壁やキッチン部分を作って残った廃材は(量は少ないので置いていってもらっても木材なので何かに使える)多分別途に車構えなくても別の現場で廃棄処理してもらえそう。

●壁の石膏ボード貼り、床のフロアタイル貼り⇒いくつか道具を購入した

石膏ボードの面取りを45度と90度で揃える道具1,100円

電動ドライバー、インパクトドライバーの使えない部分や強く締めなくてもいい場合に使いやすい2,496円

SHIU ブレード カットソ替刃 マルチツール替刃 マルチツール用ブレード 互換 替刃 木材・釘・金属切断 先端工具セット 鋸刃互換  替刃セット 日立 マキタBOSCH等多機種対応 (66点セット)2,980円

マルチツール、前から欲しかった工具で刃を換えることで様々な切断・剥離・研削の作業が可能、10.8Vバッテリー用で本体のみ購入12,791円

レーザー水平器(墨出し器)水平、垂直をレーザーで投影する、アマゾンで中古品購入7,465円、プロは5万以上のもっと精度の高い器具を使うと思うが、DIYなのでこれで充分だと思う


 

 

●電気配線工事・照明取付工事⇒配電盤30A⇒50A変更は専門の業者さんじゃないとできないので、●50Aに交換してキッチンIHの電源を30A200Vにしてグリル付き2口IH+ラジエントヒーターを取付けるか●30Aのままで20A200Vのグリルなし2口IHコンロにするか検討中

●システムキッチン取付工事⇒対面キッチンの壁と吊戸棚取付用の下地は大工さんにやってもらう、配管は水道屋さんにやってもらう、換気扇ダクト工事は電気屋さんにやってもらう(工務店さん依頼)、配線工事はDIYでやるので、あとは組立だけなのでDIYすることにした。

●塗装工事⇒古びた見切りや巾木、建具木部やカウンターや棚の塗装はDIYする。

※壁の下地や、クローゼットの扉、リビング、ユーテリティの扉付けなどの大工工事は工務店さんにお願いした。

※大工さんと話していると、和室⇒洋室工事の床のコンパネが水平じゃなく凹凸があるので、フロアタイル下地の合板を直接貼ると波打つので合板貼るときできるだけ平らになるように合板の下に浮き上がりの幅に合わせて5mm~2mmくらいのベニヤの小さな板を置いて処理した方がいいけど(もしくは垂木を組んでレベル調製をして⇒素人じゃ難しいので)年明け15日くらいまでは少しヒマができたのでやってあげようか?と言うことでお願いすることにした。

 

※当初工務店のO君の話だと1月から新築に入るので大工さんがいないのでどうしようと言っていたので⇒DIYできるとこはできるだけDIYすれば節約にもなるし、大工さんに無理して貰わなくてもいいようにほとんどDIYしようと思ったが、大工さんの話だと年末の仕事が意外と早く終わって、次の新築まで余裕ができたとのこと。石膏ボードも(1日でできるので)貼ってもいいよとのことだったが、道具も買ったし、ボード貼る前に配線工事しないといけないし(やってもらえば当然お金もかかるし)石膏ボード貼りはやはりDIYすることにした。

※内装工事のクロス貼りは大家仲間の内装屋さんに依頼することにした。

 

③電気工事屋さんに相談配電盤の漏電遮断器を50Aに変更すると現在の30A用のメーターの手前にある配線用ブレーカーを30A用から50A用に変更する必要がある⇒電柱から大元の150Aのブレーカーに引込みそこから⇒⑴西側1階2階(50A配線ブレーカー2室+30A配線ブレーカー2室)⑵東側2階(30A配線ブレーカー3室)⑶東側1階(30A配線ブレーカー3室)の3か所に分けているが、そこまで引っ張っているケーブルの太さが50Aに変更しても使えるかどうかが重要

※配線は8sq又は14sqで引っ張ってると思うので、1部屋だけなら50Aにしても大丈夫だろうと(度々配線用ブレーカーが落ちるならケーブルの引き直しをすればいい)いうことで、103号は50Aに変更工事をお願いすることにした。⇒これで30A200VのIHコンロが使えることになる

 

 「それじゃ50A分電盤(8回路+2空き回路)・30A安全ブレーカー・50A配線用ブレーカーが入荷したら(施主支給)連絡します」と言うと、電気工事屋さんが「うちで発注しても部品の入る価格は同じくらいだし、もし高ければメーカーに言って価格合わせてもらうので予定している部品を教えてよ」とLINE交換した。(つづく)

 

※交換用の部品は

50A分電盤(50A漏電遮断器1個+100V20A安全ブレーカー6個(100V200切替用V20A安全ブレーカー2個)

30A200V用安全ブレーカーは付いていないので別途購入します

50Aの配線用遮断器です、配線の過電流でブレーカーが落ちます

 

 

 ということでやっと予定通りのリフォームができるようになりました。かなりの部分をDIYすることで、360万の当初見積もりを⇒200万に圧縮できるのでしょうか?

 

 

 当初のコラム構成より長くなって完成後のお部屋3までコラムが延びました。⇒DIY工事とお部屋の完成は2月末になる予定なのでコラムもその前後に完結編となりそうです。

 

 

読者の皆様、お付き合い頂きありがとうございます。

手伝って頂いている業者さんありがとうございます。

キッチン天井は電気工事屋さんのアドバイスでダウンライト使うことにしました。

皆さま感謝です。