~このコラムはサラリーマン兼業大家が58歳で退職後、専業大家として法人化9期目も半ばを過ぎた、私の今を綴ったコラムです。~

 

こんにちは、kazu21599です。

 さて、見積もり360万をなんとか200万の予算で仕上げようと悪戦苦闘し練り上げて、工務店さんの大工工事が終わってから、DIY工事にとりかかります。システムキッチンラクエラI型2400mmスライド扉IHコンロ付は(いろんな割引やポイント使って)30.6万の発注になりました。

 到着までに3週間ほどかかるので、1月末頃になります。

 

キッチン到着までに

①電気配線工事・照明取付工事(3か所)・コンセント増設工事(6か所)ついでにTVインターホン取付

➁石膏ボード貼付け工事14枚ほど

③リビング・ユーテリティ・玄関部床+和室⇒洋室化フロアタイル貼り工事

④和室押入れ棚と内部クロス貼り

➄洗面化粧台設置とトイレ温水洗浄便座取付

⑥システムキッチン取付工事

など順番にやっていく必要があります。

※特に①②③は先に済ませておきたいです。

 

 

構成は

1.当初の予算
2.驚きの見積もり額
3.DIYで工事費を下げる算段をする
4.下駄箱外し、壁を壊すと・・・
5.今の間取りを活かし経費節約を考える
6.ほとんど分離発注とDIYでチャレンジ 
7.完成後のお部屋その3

①電気配線工事は②石膏ボード貼付け工事は

③フロアタイル貼り工事は④和室押入棚と内部クロス貼り➄洗面化粧台設置とシステムキッチン組立⑥見積もり360万をどこまで減額できたか

 

 

7.完成後のお部屋その3

①電気配線工事は…1番重要なのは純正の30A200VのIHコンロ用のコンセントに繋ぐために配電盤の30A200Vの安全ブレーカーから2.6mmの単線のIVケーブルとアースとを配線することです。

 今回は1階なので天井の2-30cmの隙間を(途中邪魔な鉄骨の梁があります)過去にトイレの天井の水漏れの際天井点検口を取付けていたので、配電盤横のユニットバス点検口からトイレ点検口まで2mくらいケーブルを差込み(2.6mm2本のケーブルは結構固いので真っすぐ入ります)トイレ点検口から換気扇ダクトの穴まで3mくらい同様に差込み上手く配線通りました。

 TVインターホンの通信線は細いので釣り竿みたいな道具の先に通信線を括りつけ開口部から引き込みます。入口ドア横の開口部から3mくらい離れた冷蔵庫コンセント取付配線用に開けた穴を一旦経由して、そこから3m先のTVモニターの通信線引込み用の穴に通信線を通します⇒その下にあるコンセントから送り線で電源を直結します。

入口ドア横の壁にメーターの配線があります(ここは私は触ることができません、業者さんに50A用に換えてもらいます、この切開場所の右下20cmくらいのところの反対側の外壁にTVインターホンを取付けます、上部の切開した穴から垂れているのが通信線です、この線を壁内に入れて、反対側のTVインターホンに繋ぎます

通信線は細いので釣り竿のように延びる道具(黄緑色部分です)の先に括り付けて線を引きました、右側に壁がありその下にコンセントがあるので、この壁内に通信線を引込み、壁にTVモニターを取付けます(電源は下のコンセントから送り線で取ります)

モニターホン正常に動作しました、動くとやっぱり嬉しいですね、右側の開口部はニッチスペースで小さな棚を付けようと大きく切開しました

 

 キッチン天井照明の配線は天井に付けていたシーリングライトの配線を外し、それを引き直してダウンライトに繋ぎました。⇒そのままスイッチでON/OFFできます。

ユーテリティ天井は洗面化粧台に繋いでいたコンセントを天井裏で分岐配線し(スイッチはないので)人感センサーライトをつけました。⇒自動でON/OFFします

キッチン灯は換気扇に使っていたケーブル線を利用し、壁スイッチは直結して廃止しました⇒キッチン灯本体のスイッチでON/OFします 

今回付けるシロッコ換気扇はスイッチ付きなのでスイッチの無い既存のケーブル線を使います。

キッチン天井は長い天井蛍光灯を付けようと思ってましたが、電気工事屋さんのアドバイスでダウンライト設置しました。とてもいい感じになりました

壁枠の奥側がユーテリティの天井シーリングライトです、人感センサーでON/OFFします

左側に垂れているケーブル線がキッチン灯の配線です吊戸棚に取り付けます、右上の換気扇ダクトから長く垂れ下がっているケーブル線が2.6mmのIHコンロ用の配線で、その右側の短いケーブル線が(その隣の短いのはアース線です)換気扇用の配線になります

 

 各コンセントはトイレはアース端子付きを壁の反対側の洗濯機のアース端子付きコンセントから取り、冷蔵庫コンセントは新設する配電盤から直接配線しアース線だけ分岐して引いてきます。他の増設するコンセントは近くのコンセントから小分けして配線とコンセント増設と照明の工事が完了することになります。

右下にアース付きコンセント増設しました、温水洗浄便座用です、この壁の反対側のロータンク上の方に、洗濯機用のアース付きコンセントがあるのでそこから送り線で配線しました、途中に木材があったので壁を切開し木材にドリルで穴を開け配線を通してます

キッチン側シンク右側のアース端子付きコンセントとキッチン灯の配線、手前側にアース端子無しコンセント配線をしています、奥の方の壁枠に垂れているケーブル線が冷蔵庫用のアース端子付きコンセントの配線になります

真ん中に洗面化粧台のコンセントがあります。この上の天井に穴を開け配線を分岐しシーリングライト用の引掛けシーリングを設置しました、下側の穴は右下にコンセントを送り線で取るのに縦に木材があるので(線が引けない)穴を開け木材に切り込みを入れケーブル線を通しました

 

 

➁石膏ボード貼付け工事は…大工さんが柱を立てて後は石膏ボードを貼るだけなので、配線が終わってから石膏ボードビスで15-20cm間隔でビス止めします。余った畳を切断して壁内に入れ防音断熱材代わりに使いました。

 また、電気工事屋さんが石膏ボードを後から張るのなら、壁の空間を活かしてニッチ収納スペースを作ったらいいよということで、やってみました。ついでに洗濯機上にも棚を取付けました。

隣の部屋との境はガラス戸でしたが、今回壁を作って分離しました。壁内に余った畳を入れて(少しでも断熱・遮音になればと思い)ます。畳の処分にもお金がかかるので、一石二鳥にななるかな?

リビングキッチンとユーティリティ部分を壁で分離します、中央のドアは後日大工さんに取り付けてもらいます、壁枠も大工さんに作ってもらい、配線とボード貼りはDIYです、右の上側のように畳を挟んでいます

モニターホンを設置した壁の隣にニッチ収納を作ります、レーザー水平器で垂直・水平を取ります

木枠で囲んでニッチ収納棚つくりました。リモコンとか鍵とか置くといいと思います

ガス栓使わないので壁で隠します、小さなテーブルを大工さんが造作してくれました

そのまま壁にせずニッチ収棚を作りました

 

 当初構成していたより長くなって完成後のお部屋3までコラムが延びました。次回コラムついに完結編となります。初めてのフロアタイル貼りと初めてのシステムキッチン組立になります。

読者の皆様、お付き合い頂きありがとうございます。

手伝って頂いている業者さんありがとうございます。

皆さま感謝です。