北国の大家です。

いつもコラムをお読み頂き、ありがとうございます。

皆様から頂いた「コメント」「いいね」が執筆の励みになっています。

本当にありがとうございます!

 

<スーパーの解体現場>

札幌市郊外、うちのお隣さんのスーパー(4,000坪)が定期借家20年契約満了で取り壊されます。次はショッピングセンターが借り上げるようです。

 

コラムニストで言うと、健美家はスタープレイヤー、ラクマチは庶民(サラリーマンなど)が集うコミュニティですよね。

最近、健美家で有名な北海道の投資家の周年イベントに参加していました。

主役はドラクエ好きなレーシングチームを持つ40代後半の投資家です。

最近は飲食店・学習塾など多角的な経営をされている方です。

私のコラムに無水カレーの写真を乗せたと言ったら、喜んで頂けました。

今年は初心に帰り(原点回帰)不動産投資に集中するようです。

来客の銀行団に向けて、500億円いや1,000億円を貸して欲しいとマイクで訴えました(大汗)。

一つ感動したのが、これです。

有言実行

出来ない(かもしれない)事も、(全力で実現すると公約して)公言するのだそうです。

(レベルが全く比較に値しませんが)私も似たところがあります(汗)。

それが彼の強みだと聞いて、少し嬉しくなりました。

 

もう一人は、道東出身の超有名な北海道投資家の船長さんです。

同じ札幌でも「やっと会えましたね」的な事を言って頂いたのが嬉しかったです。

年齢的期には私の10個上です(一回り違わないんだね・・)。

ラクマチ動画にも出たよーと楽しそうにお話をされていました。

公開情報で言えば、船長さんは親戚に世界を股に掛けた年間売上20億弱の漁師がいて、その方を目標にされていたそうです。

不動産投資では1・2棟目まではうまく行かず、3棟目の新築利回り13%で起死回生したというお話をされました。

 

船長さんは、今では売り上げが親戚の漁師の売り上げに追い付き、キャッシュフロー数億円(1~2億円ではない汗)を達成されたそうです。

 

船長さんは、ラクマチの地主の婿養子大家さんと同じことも言いました。

不動産には「歪み」があり、「目利き」が出来れば自己資金ゼロでもお金を増やせるのが不動産投資だと。

私のお会いした人で言えば、しげお@さんの目利きがいつも凄いなって思います。!

 

船長にとっては、不動産は魚と同じだと言います。

サケ・マスがいると思い網を掛けると、サケ・マスが掛かる。

これは、レジのペルソナ設定を言っています。

 

面白かったのが、リーマンショック以降は札幌にカネが落ちていると言いました。

私がサラリーマン・エンジニアでイケイケの時期です。

天下り閣下の機嫌を取りながら、社内の出世階段を駆け上がっていた不動産に無縁の時期です(涙)。

 

一つ心に残った言葉があります。

失敗は今考えると、通過点の一つで失敗と評価していない。

成功するコツはひとつしかない。

成功するまでやる

これ以外にあったら教えて欲しいと、資産150億円(CF数億円)の投資家が言いました。

エジソン、(低いレベルで言えば)ビー・バップ・ハイスクールと同じことを言いますねー。

失敗(負けた)という概念が無いって事です。

もう一つ言うと、お二人ともに100億円超の資産は20年間掛けて築かれました。

続けた者の勝ちって事です。

 

この二人以外にも、北陸・東北の銀行、(最近来なくなった)野球部のマネージャ、私の読者の方などともお会いして、非常に濃密な時間を過ごしました。

 

最後に2点ほど

①レーシングチームを持つ1,000億円融資をしてくれとマイクで訴えた投資家は、経営者はいつも経営の事を考えている。

考えている時間の7割が憂鬱、元気のいい3割の時にインスタにアップしていることを忘れないで欲しい!といました。

孫正義が「頭がちぎれるほど考えろ」といった事とも重なりました。

 

今に集中すると不安は減る物ですが、将来の事を考えると不安が顔を出します。

私の場合も同じで、将来事は誰にも解らないのに、見極めようとする。

それが疲れる原因かもしれないって思いました。

 

②いつも自己資金が無い

今回の100億超の2名の投資家も、数日前の「純」資産30億円超の築古投資家も皆さん同じことを言います。

最速で買い続けるので、少し立ち止まらないと自己資金が不動産に姿を変えているようです。

こんな大規模な投資家の方でも、自己資金が無いとは、凄いと思うと同時に少しホッとする言葉でもありました。

 

更に言えば、100億円以上の資産があっても、金融機関からの融資条件は100点の回答が貰えないって所も、少しホッとしました。

 

今回のコラムは如何だったでしょうか?

私達夫婦はコラムを通じて初心者の方に、不動産投資に取り組む際の「情報」と「勇気」を届ける事をテーマとしています。

我々の実践行動が、少しでも皆様のお役に立つ事を願っています。

―以上です―