おはようございます。

しげお@です。

私は、数々の失敗をしています。

 

成功した点だけ見れば華やかに見えますが、失敗の仕方はなかなかです。

失敗した、こうしたらよかった等は日常茶飯事です。もし、辛いな大変だな、という方がいたら今日のコラムで笑ってもらえたらと思います。(笑えないけど…

いくつか紹介させて頂きます。

 

・地獄を見たマンション

コラムで何回か書いています。

アパートの前に自宅用として買った都内の区分は、自殺、他殺の物件でした。

 

それを某再販業者(今でもよく聞く業者)がロンダリングして、告知なしで買いました。事実を知った時の絶望感。私が寝ている部屋で戦いがあったようです。怖かったですがこの家に帰らなくてはいけません。泣

 

何年かしばらく住み、売却募集しました。

サンタメ系の不動産屋が買取られました。その後はどうなったのか…不明です。

 

・空室ばかりの区分ワンルーム

湘南でワンルームを買いました。

日当たりいいし、室内は程よいし、現金貯まったから買っちゃえ!でした。(400万円くらい)

 

買った後に賃貸募集をして気が付きます。

私が買った部屋の上階が5部屋くらい空室なのです。

・・・その5部屋が決まらないと、私の部屋は決まらないわけです。(だって、眺望も日当たりも負けるから)

 

家賃を安くしても、礼金をゼロにしても、皆がどんぐりの背比べ。私はリフォームで差別化を図りました。でも、賃貸が決まらない。。

怖くなって手放しました。収支は本当にトントン。利益なし。赤字にならなかっただけマシでした💦

 

・売主が嘘をついた、浸水戸建

関東圏で戸建てを買いました。

土地がくぼんでいて、「台風等で浸水した履歴はないか?」と売主に聞いたところ浸水履歴無しでした。役所に行ってもぼんやりとした回答です。

買った後、リフォームしようと床を剥がしたら最近も浸水をした跡がある!

 

最初からリフォーム前提で購入していた為、売主や仲介会社に反論をしませんでしたが、売主のことを信じてはいけないと思った案件でした。(賃貸は事業だと思っていますので、何があっても売主側に文句を言わないと心がけています。それでもミスります。金銭的な痛みを伴うと学びます。)

 

戸建はオーナーチェンジで買うと、室内を見ずに契約することになります。利回りで選ばずに、室内写真を見たり、外壁を見たり、今後の修繕リスクを気にして物件選ぶことが大切です。

 

・上水道の無い物件

物件価格が安かったのです。

湘南の駅遠で100万円でした。屋根はリフォーム済みの戸建です。

すごくないですか? このエリアで100万円で家が買えました。金額に飛びつきました。

 

後日、上水がないことが判明・・・😱

水が飲めないで誰が暮らすんだ!?

 

結果、井戸がありました。

危ない。セーフ。現在は、サーファーさんが借りてくれています。

こんな初歩的なミスをする。アホです。物件購入で舞い上がっていると見落とすのです🥲

 

・借主は選べない。

借主によって退去後の室内が凄まじいことになります。国交相のガイドラインという、ややこしいものがある為、貸主の立場は弱いです。

 

たった5万の家賃なのに、費用50万円、100万円とリフォームしなくてはならない部屋がありました。入居時に「あなたは綺麗好きですか?」と聞くわけにいかず、こればかりは運です。汚く使われたら、、、事故った🥲と割り切るしかありません。

 

・さいごに

不動産は嫌なことが多いです。

なんで大家がこれするの?ということがあります。理不尽なクレームもあります。

 

今まで生きていて、会ったこともないニンゲンがいます。辛いな、苦しいな、ムカつく、くやしい、そんなときのコツは「美味しいものを食べて早く寝る」です。

これは、私が昔に失恋でメソメソしていたとき、「昨日の晩飯は覚えていても一週間前の昼飯は覚えていないだろう理論」から学びました。

 

嫌なことと、良い事はトントンです。

プラマイゼロ、少しプラスなら人生は大成功です。不動産を変える立場なら、既にプラスです。私は不動産だけでなく、私生活でもたくさんの損失を出しています。2年前も100万円超えのミスをしました。

 

あ〜詐欺にあった〜🤣 100万円損しても翌日に会社に行ける俺は偉い〜、今日もがんばろ〜、と 『強制的に前向き』に考えなきゃ、やっていられません。笑 思い込みは訓練です。