現在は大家塾などと称した勉強会が各地で行われています。

静岡には静岡泡会という大家さんの飲み会があります。

そう、一切勉強をしません。ただひたすら飲むだけです(笑)

しかし話の内容のほぼ100%が不動産のことです。

ここでは自分の手がけた物件のことや、土地情報、新しい設備、

リフォーム業者の情報、融資の情報、仲介業者の情報などなど・・・

いろいろな濃い~情報が集まってきます。

前回の泡会は新しいメンバーが数名いました。

会を重ねるごとに増え続け、そして減りません。

みなさん健全に運営できているのでしょう。

その新しいメンバーにブログつながりでお友達になった方に

加わってもらいました。少し戦略に悩まれているとのことです。

今回いろいろなスタイルを持っている静岡泡会メンバーのお話を

どん欲に聞いている姿が印象的でした。

彼は私よりも投資規模が大きいほどなのですが、

あまり大家さん仲間とお話しする機会がなく、

独力で頑張ってきたようです。

このように大家さんが「オレの話を聞け~」っていう場は

あまり多くないので仕方のないことかも知れません。

そういう意味では私は恵まれていました。

不動産を探している段階で一人のメンターに出会い、

さらに1棟目を買った時から「お宝不動産」の沢さんには

かわらぬご指導をいただいています。

(メンターとは、一言で言うと「師」です。

師匠・先生・お手本になる人・・・そんな意味です。

最近はよく聞く言葉なのでご存知かもしれません。)

本当に私は運がいい。だいたい昔から運がいいです。

皆さんに助けられて生きてこれました。

「メンターが大切だ」このことは聞いたことがあるかと思います。

しかしメンターはどこにいるのでしょうか。

一人目のメンターは、私が必死に不動産を探している時に、

ある不動産屋さんでご紹介していただきました。

しかしすぐにはお会いすることができませんでした。

なかなかタイミングがあわなかったのです。

本当に煮詰まっていたので勇気を振り絞って電話しました。

そしてこちらのお話を聞いていただき、

いろいろ学ばせていただきました。

二人目のメンターは、1棟目を購入する時に、

「静岡」という共通点以外何もない「沢 孝史」という

全国的に有名な方に、勇気を振り絞ってメールしました。

その後、あっけなく沢さんが飲みに誘ってくれ、

今でも変わらぬご指導をいただいています。

不動産のことだけでなく、公私ともにお世話になっています。

実際、私が仕事を辞めた時には関係取引先に就職口まで

探していただきました・・・笑

いいメンターとの出会いがその後の人生に影響します。

このことは間違いありません。

ではどうすればメンターに出会えるかですが・・・

私の場合、ぎりぎりまで自分でやってみて、

これ以上が見えないというところで2人のメンターに

連絡しています。聞いたことはありませんが、

メンターにもこちらの必死さが伝わっていたのかもしれません。

忙しいから断りたいけど断れないな~みたいな・・・笑

不動産のことは本やセミナーで十分必要な知識は学べます。

しかしメンターがいるいないでは安心感が大きく違います。

もちろんすべては自己責任なのですが、

相談できる人がいるというのは心強いです。

私のように直接連絡してみるというのもありだと思いますが、

たまたま運が良かっただけかもしれません。

もうひとつ私がおすすめするのはセミナー参加です。

正確には、その後の懇親会参加です。

懇親会では講師とお話できるのもメリットですが、

そこには志を同じくする人がいっぱいいるのですから、

自分のメンターになる人も見つかる可能性が高いです。

いづれにしても行動がないところにメンターは現れません。

メンターは大切ですが、まずは自分が動いてみる。

動いてみればわかりますが、必ず行き詰る時が来ます。

その経験がメンター探しには必要なことなのだと思います。