不動産投資のために銀行で数千万円の融資を受ける・・・「これから不動産投資

を始める」という人にとっては、一番むずかしいと思われることかもしれません。

僕自身も、やっぱりそうでした。

いろいろな書籍などから、知識を頭に詰め込んでいても、「銀行で融資を受ける」

ということには、なかなか現実味を感じられませんでした。

お金 一万円札

 

銀行で融資を受けるための一番の近道は

ほとんどの人が、銀行など金融機関から「融資を受ける」と言えば、「マイホーム」

のための「住宅用ローン」や、自動車を購入するための「マイカーローン」または

子供のための「教育資金融資」くらいではないでしょうか?

 

しかしながら、この「不動産投資で受ける融資」はそれらとは全く意味が異なります。

完全なる「事業性の融資」であるからです。

なので、僕も以前は「まったく普通のサラリーマン」でしたので、実際に融資を受ける

に至るまでは「自分にも数千万円の高額な融資が受けられるのだろうか?」という思い

が常にありました。

 

現在、不動産投資を始めてから、「1R区分所有マンション」に始まり、「地方1棟物

マンション」に至るまで、僕はすべての物件を融資を受けて購入しています。

それも、某都市銀行からと、某地方銀行からと、某信託銀行からと言うようにその物件

によって融資を受けた銀行も、その支店も、バラバラです。

 

その理由は・・・

 

「すべて物件を購入した不動産会社からの紹介で融資を受けた」からなのです。

 

このように不動産会社から紹介をされる銀行は、すでに不動産会社と銀行の間に「人脈」

という強いパイプがあって、しかも「既に物件の評価も出ている」というパターン

がほとんどでしたので「とにかく決済がスムーズで早かった」と記憶しています。

 

不動産投資も経験を積んで、大家さんとしての規模も大きくなってゆけば、自らの「力」

で、新たな銀行を開拓してゆくことも容易になってきます。

 

しかしながら、はじめての不動産投資においては、物件を購入する不動産会社より紹介

を受けた銀行で融資を受けることがほとんどとなりますので、その点(融資)について

は特にご心配することなく、ぜひ「不動産投資への第一歩」を踏み出してください。

 

 

◆関連するコラム『家賃収入で稼ぐための3つの絶対法則』もご一読ください。

 ⇒ https://www.rakumachi.jp/news/practical/35348

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

ハートの石