不動産投資における大家業は「住」の満足を提供する究極の「サービス業」

であると考えています。

そして、たくさんの人と関わりあいにある大家さんにとって「おもてなし」

は成功するために絶対に必要なスキルなのです。

今回のコラムのテーマは「不動産投資で成功するための、おもてなしのワザ」

についてお話ししたいと思います。

ビジネスマン2人とパソコン

 

成功するための「おもてなしのワザ」とは

冒頭にも述べましたが、大家さんは不動産賃貸業を通じて、ほんとうにたくさん

の人たちと関わることになります。

そして、それらの人たちとの関係がうまくゆくことが「成功」につながるの

です。

 

僕がふだんから心がけている、対象の相手別の「おもてなしのワザ」とは

 

☆管理会社さん ・・・ 賃貸業を成功させるための最も重要なパートナーです。

            空室がある時はもちろん、満室の時でも、良好な関係を

            保つため、一定期間ごとの連絡は欠かせません。

            また、折々に日頃の感謝をこめての「訪問」や「お菓子

            等の美味しい差入れ」をしています。

 

 

☆入居者さん  ・・・ 常に快適な住まい環境を提供させていただくことが長期

            入居につながりますので、管理会社さんを通じて、密な

            コミュニケーションをとってもらっています。

            また、何か不具合が発生したときは、「とにかく素早い

            対応」をするべく、管理会社さんに一定の権限を与えて

            僕が(トラブルを)知る前でも対応を真っ先にできるよ

            うなシステムにしています。

 

☆その他関係業者さん・・・ こちらも日々の対応への感謝を忘れず、季節ごとや

              時期をみて御礼の挨拶や、差入れ等を心がけています。

 

☆不動産業者さん ・・・規模拡大を目指す上では、はずせない大事なパートナー

            です。

            常に「楽待」さんなどを通じて新たに知り合った業者さんや

            以前からの信頼できるお付き合いのある業者さんに対しては、

            用事がなくても「連絡を取り合うように」心がけています。

            ただ、やはり熱心な業者さんが多いので、あちらから連絡を

            いただくことが多いのですが、目ぼしい物件がでたり、時間

            が合えば、食事をしたり、飲みに行ってコミュニケーション

            を図っています。そんな「良好な人間関係」があるから

          「最高の物件」を紹介してくれるのです。

 

 

おもてなしとは、「相手を思いやる心」です。

 

上記のことはすべて、正直に言って、誰でもできることばかりです。

それでも、

その心があるかないかで、成功するか否かが決まると思っています。

 

 

☆以前のコラム『成功する物件購入のための現地調査のポイント』もご参考に

 ぜひ、ご一読ください。

 ⇒ https://www.rakumachi.jp/news/practical/35748

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

握手