不動産投資で成功するための絶対的な前提条件は「物件を安く買う」に尽きます。

そして「できるだけ安く買う」ための主な入手経路として、「競売物件」と「任意

売却」というのは今や「手法のひとつ」と言っても過言ではありません。

今回のコラムではこの「競売物件」と「任意売却」について、お話しをしたいと思

います。

ハロウィン

 

競売物件・任意売却とは

「競売」とは、ご存じの方も多いと思いますが、個人の住宅ローンや会社の法人借入

の返済が不可能になった場合、担保とされていた「土地」や「建物」を裁判所が強制

売却をすること、です。

 

落札価格は市価の大体40~60%、入札者が現れず「特別売却物件」となった場合

30~40%と、激安で物件を手に入れることができます。

ただ、ひと昔前は、競売落札後も「占有者がいて、居座る」というトラブルが多々、

あったため、プロの不動産業者の独壇場でありました。

 

しかしながら、1996年の法改正によって不法占有者の追い出しが容易になった為、

現在では普通の個人でも競売に参加しやすい環境となり、そのような競売物件を提供

するサイト等もでてきています。

 

 

ちなみに「競売物件取得の流れ」は、下記の通りです。

 

「公告」⇒ 「物件明細書等の閲覧」⇒ 入札期間(1週間程度)⇒  開札期日 ⇒

⇒売却許可決定⇒ 代金納付期限の通知⇒ 代金納付(所有権取得)⇒登記(代金納付時)

⇒引き渡し命令⇒不動産引き渡し

 

一方「任意売却」とは、「競売」にかかる手前で、やはりローン返済が不可能となっ

た物件を「不動産業者を通じて、安く(任意で)購入する」というものです。

 

 

おススメは「任意売却」

物件の金額的にはやはり「競売物件のほうが安い」のですが、上記の通りに手続き

はいくつかの手順を踏まなければならず、また、不法占有者の追い出しが容易になった

とはいえ、その場合「法的な手続きは必要」ということもあります。

 

対して「任意売却」で購入するのは、プロの不動産業者を通じてとなりますので、やはり

初心者の方にとっては、何より「安心感がある」と言えるのです。

 

この「任意売却」の情報は、上記の通り「不動産業者が抱えている」ので、購入するに

は、このような「任意売却物件を扱う不動産業者」とまず仲良くなり「物件情報を入手」

するというのが一般的です。

 

僕のところにも、不動産投資サイトの資料請求から始まって、仲良くなった数社の不動産

業者さんから、結構頻繁に「任意売却物件です」というふうに但し書きされた物件情報が

送られてきます。

そういった気心の知れた不動産業者さんが間に入っていれば、トラブルの心配もなく

安く物件を購入できるのでおススメと言えるのです。

 

まとめとして「任意売却」物件を狙うなら、不動産投資サイト等からそういった物件を

扱う不動産業者さんを、資料請求や問い合わせをして探してゆくことが「第一歩」とな

ります。

是非、不動産投資を成功に導いてくれる、最高のパートナーを探しましょう!

 

 

□前回のコラム『リスクと向き合い突破する!』もぜひ、ご一読ください。

 ⇒ https://www.rakumachi.jp/news/practical/36527

 

 

最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました!

コーヒーとノート