オーバーローンやフルローンは、それなりに属性の高い方や、銀行評価の高い

物件等の条件次第で、金融機関にもよりますが現在でも実行されています。

とはいえ、使う使わないは別として「自己資金がまったくの0」という状態で

は、やはり考えられません。

今回のコラムでは、不動産投資に不可欠な「自己資金の貯め方」についてお話

ししたいと思います。

ビジネスマンonパソコン

 

自己資金はこうやって貯めましょう

日本人は「貯蓄好き」とよく言われていますが、ある調査によると貯蓄のない

世帯の割合は何と「30%超」となっているようです。

 

長引いた不況の影響など、原因はいろいろと考えられますが、一方、世間では

いわゆる「低収入」と呼ばれる世帯でも、それこそ平均を大きく上回る貯蓄額

となっている方々が存在されるのも事実です。

 

その違いはひとえに「目標を持ってお金を貯める」という意志があるか否か、

ではないでしょうか?

 

不動産投資で現在、多くの資産を築かれている先輩大家さんでも、スタート時

は本当に厳しい状況から、コツコツと資金を貯めて、大成功にたどり着いたと

いう方々がたくさんいらっしゃいます。

 

では、どうやって自己資金を貯めたらよいのか?

これは、各世帯の年収や家族状況によって、かなり条件は違ってきてしまうも

のですが、基本的な考え方は同じです。

 

まずは「自分(世帯)の、現在のお金の使い方を知る」ことから始めます。

奥さまがしっかりと家計簿等をつけていらっしゃるご家庭ならば、すぐに把握が

できるでしょうが、そうでない場合は、一か月の収支をまとめてみてください。

そうすることで、たぶん「今まで知らない間に消えていた(?)お金の使い道等」

が見えてくる場合もあります。

 

そして次に「無駄遣い(=浪費)」と思われるものを浮き彫りにします。

そうして、その部分の出費について「無くせるもの」「減らせるもの」というよう

に割合を極限まで抑えるようにします。

 

さらに「生活に必要な費用(=消費)」についても、節約方法を考えます。

 

こうして「お金の使い道」をあらためて明らかにして、浪費や無駄をなくし、その

分を「自己資金(=貯蓄)にまわしてゆく」という考え方です。

 

そして、

その際に、一般的にもっとも支出の比重が高い項目は下記のようになります。

 

①住居に関わる費用(家賃)

 先輩大家さんの中には、目標とした自己資金が貯まるまでは我慢して、それまで

 よりも安い家賃の借家に引っ越した、という方も実際にいらっしゃいます。

 

②生命保険料&損害保険料

 どうしてもその「必要性」から、「これくらいはしょうがない」というように、

 「あきらめてしまいがち」な項目ですが、どちらの保険も今や、自由化の波に

 より、保険会社ごとにたくさんの種類の商品が販売されています。

 また、ちょっとした掛け方や契約方法等によって「大きな差額」が発生します。

 是非、定期的な見直しを行い、無駄なものはカットしてゆきましょう。

 

 

③マイカーに関する費用

 車好きの方や、地方にお住まいの方であれば難しいかもしれませんが、ある程度

 交通の便が良い場所にお住まいの方であれば、最近流行りの「カーシェアリング」

 を利用したり、月4回程度の短時間利用であるならば、レンタカー使用のほうが

 一般的に費用は「かなり安くなる」確率が高いです。

 

 

ただ、だからと言って、何でもかんでもカットしていったら、日々の生活が味気なく

なる恐れもあります。浪費もある程度は「必要」であるとも思います。

 

 

また、逆に「不動産投資の勉強に関わる費用(=投資)」は絶対に必要です。

もちろん、インターネットなどでかなりの知識を取得することも可能ですが、やはり

ほんとうに大事なことは、お金を払う価値もあるのです。

僕も、実際に不動産投資を始める前から、現在に至るまで、書籍やDVDなどかなり

お金をかけて自分に「投資」をしています。

でも、お金をかけたからこそ元を取ろうと本当に「真剣に学べました」(苦笑)

それは間違いなく自分にとって「活きたお金」であり、役に立ったと思っています。

 

 

不動産投資の自己資金とは、将来の大きな夢を買うための資金です。

目標をたて、ご家庭で共有して一歩一歩進んでゆけば、必ずたどり着けると思います。

 

 

◆以前のコラム『融資の秘訣~銀行に好かれる物件を買いましょう』もご一読ください。

 ⇒ https://www.rakumachi.jp/news/practical/37034

 

 

最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました!

建物と光