サラリーマン大家さんと専業プロ大家さんで、「大家さんとしての仕事」に大きな違い

はありません。

でも、僕はサラリーマン大家さんは、大家さんとして働くべきではないと思っています。

今回のコラムではその「理由」について、お話ししたいと思います。

0123

 

サラリーマン大家さんは働いてはいけない!?

もちろん、そんな「決まり」はありません。

そして、実際にサラリーマン大家さんであっても、物件を「自主管理」して、すべての

業務をしっかりとこなしている方もたくさんいらっしゃいます。

 

たしかに、例えば「賃貸併用住宅」であったり、物件が自宅のすぐ近くであれば、何か

あっても大家さん自身で対応はできるでしょう。

 

入居募集については、自分自身で近隣の不動産会社を何社か訪問し、自作の物件チラシ

を持参して客付けをお願いすることで、対応は可能です。

 

家賃は自分自身の口座に直接振り込みとして、滞納があれば大家さん自身が電話や訪問

で解決を図ってゆくこともできなくはありません。

 

掃除はもちろん、自分自身で定期的に行い、入居者さんからの水回りのトラブル、エア

コンの故障、設備の破損などの連絡には、現地を確認して業者さんを自ら手配すること

で事足りるかもしれません。

 

では、それらを行うことでサラリーマン大家さんが得るもの、とは・・・

 

管理会社さんに任せた場合の「管理費」(通常5%程)と別途依頼した場合の「清掃費」

くらいのもの、です。

 

管理費の5%(+清掃費)は、例えば、専業のプロ大家さんで何十棟という物件を保有

しているのであれば、月々の費用も「それなりの金額」になると思います。

また、プロとしてのいろいろな「ノウハウ」も持っているので、トラブル対応について

も心配はないでしょう。

 

でも、いわゆる一般的な「サラリーマン大家さん」だったら・・・どうでしょうか?

 

サラリーマン大家さんは、別に「本業」を抱えており、使える時間も限られている身

です。その上でさらに、上記のような業務をこなしてゆくのは、大変だと思います。

 

そして何より、不動産投資の「すぐれた魅力のひとつ」である

「ほとんどの仕事を(他者に)任せ、少ない労力と時間で利益を得られる」

という点を活かさないのはもったいない、のです。

 

そうすることにより、忙しいサラリーマンであっても、サラリーマンとしての仕事を

続けながら、本業に支障をきたさずに、物件を増やし続けることが可能になるのです。

 

僕もサラリーマン時代は、自宅に比較的近い物件については、お掃除は自分でやろう

と決めて、定期的に物件に清掃に行っていたこともありました。

しかし、やはりどうしても忙しくて行けなかったり、時間があまりとれなくて、満足

に綺麗にできなかったりといった経験もして、それからはすべての物件の管理と清掃

は、業者さんにお任せすることとしました。

 

以上のことより、まとめとして「大家さんはあくまでも経営者」なのです。

サラリーマンといえども、より大きな展開を目指すのなら、経営者として上手に業者

さんに仕事をお任せして、時間を有効活用することで、不動産投資ならではの有利な

特典をしっかりと享受し、有意義なハッピーライフを満喫しましょう!

 

 

☆前回のコラム「自己資金はこうやって貯めましょう」も、ぜひ、ご一読ください。

 ⇒ https://www.rakumachi.jp/news/practical/37231

 

最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました!

コーヒーとノート