不動産投資において融資を受けるということは、「借金をする」ということです。

でも、不動産投資における「借金」には、とてもたくさんのメリットが存在するのです。

これから不動産投資を始めたいけど、借金はしたくない・・・という方もいらっしゃる

かと思いますが、ぜひ、そんな方にも読んでいただきたい、今回のテーマです。

お金 一万円札

 

 

不動産投資における借金のメリットとは?

以前のコラムで、これから日本がインフレの時代に進むという前提(間違いないと

思いますが)で、不動産投資における借金のメリットを挙げさせていただきました。

あらためて簡単にまとめると・・・

 

インフレによって、お金(現金・預貯金等)の価値は下がり(下手すれば何倍も!)、

相対的に現物資産である「不動産(土地)」の価値は上がることになります。

すなわち

・借金の額は目減り(何十分の一もの可能性も!)する

・保有する不動産(土地)の価値(価額)は、相対的に(大幅にも)上昇する

ということになるのです。

 

もし、他の国で実際に起こったような「ハイパーインフレ」になった時、現金や預貯金

しか資産がなかったら・・・お札の価値は何百分の一にもなり、下手をすれば「紙くず

同然」のような状態に・・・想像するだけで恐ろしいそんなことが「現実に起こり得る」

のです。

 

また前回は、隠れたメリットとして融資を受ける際に加入する「団体信用生命保険」で

・生命保険料の節減が図れる

ということもお話しさせていただきました。

 

そして、特にサラリーマン大家さんにとっての大きな「借金のメリット」として

・支払い金利を経費計上することにより節税が図れる

という点を挙げることができます。

 

この支払い金利の範囲は、「建物など土地以外にかかる部分」となりますが、他の

経費と合わせると、その節税効果はかなり大きいものとなります。

 

実際に僕がサラリーマン大家さんだった時には、ほぼ毎年、新しい物件を融資を受け

て購入していたせいもあり、

所得税と住民税を合わせて150万円以上の節税効果が発生していました。

これは、150万円以上の収入増加とほぼ同じ意味となります。

 

そして何と言ってもこの「借金」=「融資を受ける」ことにより、

・不動産投資の拡大のスピードが飛躍的に加速する

という絶対的な事実を、忘れるわけにはいけません。

 

「借金」はもちろん、いろいろな「リスク」もはらんでいます。

しかし、「他の借金」と、不動産投資における「融資の借入」とは全くの別物で

ある、と僕は言えると思っています。

 

他の投資では「ありえない」、融資を活用することができるという、この

「不動産投資の最高のメリット」により、思い描く未来を手に入れましょう!

 

 

◆前回のコラムにつきましては、こちらからご参照ください。

 ⇒ https://www.rakumachi.jp/news/practical/37136

 

 

最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました!

招き猫