退去に怯えて、空室を嘆いて、そしてトラブルで苦しんで・・・

大家さんには「いろいろな試練」が待っています。

でも、そんな試練から逃げるのではなく、立ち向かうことによって道は開けて、

「強い成功大家さん」へと成長してゆくことができるのです。

今回のコラムのテーマは「激戦区でも勝ち抜く不動産投資マインド」について、

お話しをしたいと思います。

ジェネパレス

 

激戦区でも勝ち抜く不動産投マインドとは

大家さんを取り巻くいろいろな「試練」は星の数ほどあり、それも重なる時は

いやというほど重なってしまうこともあります。

僕自身もこれまで不動産投資を続けてきて、1棟物を複数抱えるようになると、

何度かそういうピンチを迎えたこともありました。

 

そんな時に必要な「不動産投資マインド」とは・・・

 

・少々のことには動じない「不動心」

・突発的に発生するトラブルに対処する「決断力」

・決めたことを即、実行に移す「行動力」

 

当たり前のようですが、これに尽きるのです。

 

「空室リスク」も「滞納リスク」も、また「様々な突発的な事故」等もすべて、

不動産投資に関わるリスクやトラブルは、すでに洗い出されているものばかり

です。

 

要は、それが実際に「自分の身に起こってしまった」その時に、いかに冷静に

受け止めて、現実から目をそらさずに、対応を決めて、そして実行する・・・

それだけ、なのです。

 

すべては自分自身の考え方次第で、物事は変わってきます。

例えば「激戦区」と呼ばれる場所での戦いは「厳しい」と見るのか、はたまた

「それだけ賃貸ニーズがあるという事実」をプラスに受け止めて「競争に勝ち

抜く」という強い意志で、「満室を目指してゆく」のか。

 

そう、

不動産投資で勝つための戦略は、いくらでもあるのです。

 

どんなトラブルに見舞われようが「ピンチはチャンス」の気持ちで挑んでゆけば、

勝利への一歩を踏み出していることとなるのです。

 

 

*実際のいろいろなトラブル対処法等については、過去のコラムをご参照ください。

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

鳳凰