a0003_001870

こんにちは、城南4区大家のチドリンです。

先週末の大雪に続き、今週も大雪で大変でした。サラリーマンの私は、この時期、年度末の追い込みと来期の組織編成や予算作成などでクタクタになり、週末はゆっくり休みたいのですが・・・

自主管理している物件があるので、先週、今週と雪かきに追われ、休むこともできず、クタクタになりました。😐

a0027_002713

さて、今回のコラムは、雪の降る真冬の時期とは正反対の真夏の頃のお話です。

 

広い空地は雑草だらけ

 私が所有している目黒区アパートは、車5台分がとめられる広い空地(駐車場として利用可)があります。しかし、物件を購入した時点では、1台も駐車場の利用者がいませんでした。理由は、前オーナーが高齢のため、手入れができず、雑草だらけになっていたからです。

152

 

真夏の炎天下の中、草刈を実施

 物件の決済を終えた8月後半の週末、真夏の炎天下でしたが、草刈をするため、道具一式(軍手、クワ、蚊取り線香、虫除けスプレー、殺虫剤、ゴミ袋、タオル)と大量の飲み物を車に乗せて、アパートに向かいました。

 現地に到着すると、雑草は想像していたレベルをはるかに超え、私の身長よりも高く立派に育っていました。😥

 5時間くらい頑張って草刈をしましたが、とても1日では終わらないと感じ、途中で切り上げました。そして、次の日も草刈りをすることにしました。

 

77歳の親父も炎天下で草刈仕事

  次の日は、親父に協力要請し、私が刈った草を、ゴミ袋に入れてもらう作業を手伝ってもらいました。 親父は77歳なので、無理はさせられないですが、久しぶりの親子作業だったので頑張ってくれました。2日目も5時間くらいかかりました。汗っかきの私は、相当な量の汗が出たので、ズボンまでビショビショになりました。

 そして、炎天下の2日間の草刈り作業は、無事終了しました。そして、改めて、空地を見てみると、「こんなに広いんだ」と感じました。😮

156

 

大量のゴミ袋を自宅に持ち帰り、妻に叱られる

 2日間で出た事業用ゴミ袋は、何と計20個となりました。このゴミ袋を何回かに分け、自宅に持ち帰り処分することにしました。すると、妻に、「こんな事業用ゴミ袋を20個も清掃車が持っていくはずがないでしょ。何考えてるのよ!!」と怒り出し、30分くらい、グチグチ言われました。

「草刈り大変だったね、ご苦労様」の一言を期待していた私が甘かったです。🙁

 160

 

空地を駐車場として、募集開始

 妻には、怒られましたが、空地を綺麗にして、駐車場(借地権なので、アパート入居者限定の駐車場として、1台1万円)として募集開始し、キャッシュフローアップを目指すことができました。

 

朝、起きたら大変なことに

 草刈をした翌朝、目が覚めると、腕にボツボツが、たくさん出来ていました。

 当然のことながら、草刈をしたときのカブレでしょう。ムヒ、キンカン、オロナインなどを塗って、1週間くらいで治りました。

 IMG_0843

 

 最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。よろしければ、ぜひ、「いいね」をクリックしてください。

次回は、自販機設置でCFアップを掲載します。どうぞ、お楽しみに。